バーガーキング「アボカドビーフワッパー」「アボカドプラントワッパー」発売、ビーフパティ・植物肉パティ選べるアボカドハンバーガー


バーガーキング「アボカドビーフワッパー」(ビーフパティ)

バーガーキング「アボカドビーフワッパー」(ビーフパティ)

バーガーキングは2月5日、「アボカドビーフワッパー」「アボカドプラントワッパー」の2商品を発売する。

今回発売する2商品は、2021年最初のバーガーキング期間限定ハンバーガー。アボカドと、“ビーフパティ”“プラントベースパティ(植物肉パティ)”の2種類のパティをそれぞれ組み合わせた。モーニング実施店舗では10時30分以降に提供する。

バーガーキング「アボカドプラントワッパー」(プラントベースパティ)

バーガーキング「アボカドプラントワッパー」(プラントベースパティ)

「アボカドビーフワッパー」は、バーガーキング自慢の直火焼きで仕上げた、100%ビーフパティを使用。ジューシーな100%ビーフパティとクリーミーなアボカドのコンビネーションを楽しめるという。価格は単品690円、フレンチフライ(M)とドリンク(M)とのセットは990円(税込)。

「アボカドプラントワッパー」は、大豆由来の100%植物性パティを使用。スモーキーで野菜と相性抜群の100%プラントベースパティとアボカドのマッチングを味わえるという。価格は単品790円、セット1090円(税込)。なお、製造過程において、動物性食材と調理器具を共有している。

それぞれのワッパーは、プラス税込200円でアボカドを追加でトッピングできる。また、プラス100円でチーズ2枚の追加トッピングができる。

なお、バーガーキングでは2020年12月から、看板商品「ワッパー」で合成着色料・合成保存料・合成香料・化学調味料など人工添加物を使用しない“リアルフード”を実現し、全店で提供している。2021年以降にはワッパー以外のハンバーガー、デザート、サイドメニューでも、同様の基準で“リアルフード”へ切り替えを行う方針だ。

〈関連記事〉バーガーキング「ワッパー」合成着色料・香料・保存料など無添加に、他のハンバーガー、サイドメニュー、デザートも切り替えへ

2020年12月に開催したメディア向け発表会で、バーガーキングを運営するビーケージャパンホールディングスの担当者は、「シンプルな原料でシンプルにつくる“リアルフード”はおいしいと信じている。ビーフ100%のパティを直火でじっくりと焼き上げ、新鮮な野菜を店舗で毎朝必要な分だけカットしてきた」などと話した。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/02/2021-0204-1406-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp