日本橋だし場はなれ「鯛飯」「だしトマト煮込みハンバーグ」など発売、2021年2月・3月限定メニュー/にんべん


日本橋だし場はなれ「鯛飯」

日本橋だし場はなれ「鯛飯」

にんべんが運営する和ダイニング「日本橋だし場 はなれ」(東京・日本橋「COREDO室町2」)は、「鯛飯」や「だしトマト煮込みハンバーグ」など2月・3月の期間限定メニューを販売する。

「日本橋だし場 はなれ」は、“だしのうま味”を活かした料理を一汁三菜のスタイルで提供する和ダイニング。通常メニューのほか、月替わりで季節を感じるメニューを展開。1月28日現在、営業時間を20時までに短縮し、ディナーメニューの提供を休止している。ランチタイム11時~14時、ティータイム14時~20時(ラストオーダー19時)。

2月・3月の限定メニューは、ランチタイムに提供する「鯛飯」「ゆず香るみつせ鶏のつみれ汁」「だし坦々スープ」「だしトマト煮込みハンバーグ 」「鯖の利久煮」と、ティータイムに提供する「香こう菜なうどん」の計6品。

「鯛飯」は、真鯛を使い、本枯鰹節だしで一つ一つ炊きあげた数量限定の炊き込みご飯。汁物・惣菜・香の物・デザートとセットで2,040円(以下税込)。

「ゆず香るみつせ鶏のつみれ汁」は、ゆずをアクセントにした具沢山のすまし汁。ご飯・惣菜・香の物とセットで1,020円。

「だし坦々スープ」は、豚肉と春雨入りの担々スープ。ご飯・惣菜・香の物とセットで、税込1,020円。

「だしトマト煮込みハンバーグ 」は、かつお節だしとトマトで煮込んだハンバーグ。ご飯・汁物・惣菜・香の物とセットで1,220円。

「鯖の利久煮」は、鯖をかつお節だしと胡麻で、ふっくらと炊きあげている。ご飯・汁物・惣菜・香の物とセットで1,220円。

「香菜(こうな)うどん」は、たっぷりの香味野菜とだしの香りを楽しめるメニュー。低糖質麺に変更可能。単品950円。

日本橋だし場はなれ「だしトマト煮込みハンバーグ」

日本橋だし場はなれ「だしトマト煮込みハンバーグ」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/01/2021-0129-1534-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp