モスバーガー「マッケンチーズ&コロッケ」発売、グラタン風欧米料理をアレンジ、「ネーブルコーラ」も同時発売


モスバーガー「マッケンチーズ&コロッケ」「ネーブルコーラ」

モスバーガー「マッケンチーズ&コロッケ」「ネーブルコーラ」

モスバーガーを展開するモスフードサービスは2月10日、ハンバーガー新商品「マッケンチーズ&コロッケ」と、同品との相性を考えて商品設計したドリンク「ネーブルコーラ」を、全国の店舗(一部除く)で同時発売する。いずれも3月下旬までの期間限定。同社は1月27日にオンライン発表会を行った。

〈関連記事〉モスバーガー ご当地「まぜるシェイク」全国発売、第1弾「鳥取 二十世紀梨」「和歌山 紀州南高梅」

マッケンチーズは、マカロニ&チーズの略で、ゆでたマカロニにチーズソースを絡めたグラタン風の料理。アメリカやイギリスでは一般的な料理だが、モスフードサービスの調査によると、日本の約88%の人が知らないと判明した。今回、新たな食文化の提案として、欧米の家庭料理をモス流に日本風へとアレンジした「マッケンチーズ&コロッケ」を販売する。

今回発売する「マッケンチーズ&コロッケ」(436円、以下税別)は、グリーンリーフ(レタスの仲間)にコロッケをのせ、モス特製ミートソース・マッケンチーズソース・粒マスタードをかけている。マッケンチーズソースは、チキンブイヨンとかつおぶし粉末をベースに、チェダーチーズ・ゴーダチーズを使い、ダイス状にカットした蓮根で食感を加えた。隠し味に紀州南高梅の梅肉ペーストを入れ、日本人に親しみやすい味わいに仕上げたという。

モスフードサービスの中村栄輔社長は発表会で、「コロッケとマカロニ・チーズでボリューム感があるので、若い男性やチーズ好きの女性に食べてもらいたい」とコメントした。

「マッケンチーズ&コロッケ」とあわせて提案する「ネーブルコーラ(ネーブルオレンジ果汁0.4%使用)」は、瀬戸内産ネーブルオレンジとレモンを、果汁だけでなく、果肉と果皮ごとすりおろして作ったシロップを、コーラで割ったドリンク。国産の温州みかんのさのう(粒)を入れ、つぶつぶとした食感を加えた。単品のほか、セットメニューのドリンクとしても選ぶことができる。Sサイズ213円、Mサイズ269円、Lサイズ334円。

なお、モスフードサービスは「マッケンチーズ&コロッケ」と「ネーブルコーラ」発売と同日の2月10日、日本各地の地域食材を使ったご当地“まぜるシェイク”の全国発売第1弾として、「まぜるシェイク紀州南高梅〈和歌山〉」と「まぜるシェイク二十世紀梨〈鳥取〉」も同時発売する。3月下旬までの期間限定。いずれも価格はSサイズ269円、Mサイズ334円。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/01/2021-0129-1445-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp