かわいい和菓子「食べマス スヌーピー」ローソン限定発売、チャーリー・ブラウンも


ローソン限定「食べマス スヌーピー」(バンダイ キャンディ事業部)

ローソン限定「食べマス スヌーピー」(バンダイ キャンディ事業部)

バンダイ キャンディ事業部は1月19日、「食べマス スヌーピー」を、全国のローソン店舗限定で発売する。

2020年10月にコミック生誕70周年を迎えた「PEANUTS(ピーナッツ)」のキャラクターをモチーフにした和菓子。チョコ味の「スヌーピー」と、カスタード味の「チャーリー・ブラウン」の全2種類で、税別264円。パッケージを除く全長は各40mm。チルドデザートコーナーで販売する。数量限定で、なくなり次第終了。一部、取り扱いのない店舗がある。また、ナチュラルローソン・ローソンストア100では扱わない。

「食べマス」は、「食べられるマスコット」の略を名称とした、バンダイのキャラクター和菓子ブランドで、餡(あん)、砂糖、もち粉などを使ってキャラクターの特徴を表現している。2020年末にはイオン限定の「食べマス すみっコぐらし」を数量限定で発売し、その愛らしいデザインが話題となって、SNSには多くの画像が投稿された。

〈関連記事〉イオン限定「食べマス すみっコぐらし」発売、しろくま・ねこの和菓子、いちご味とカスタード味/バンダイ

今回の「食べマス スヌーピー」でも各キャラクターを練りきりでデザインし、ころんとしたフォルムとつぶらな瞳で見つめてくる「スヌーピー」と愛くるしい笑顔の「チャーリー・ブラウン」を表現。「スヌーピー」は、首輪やしっぽ、背中のブチ模様まで忠実に再現。「チャーリー・ブラウン」もトレードマークのシャツの模様など細部までこだわって作りこんでいるという。

パッケージにはコミック生誕70周年の限定アートを使用。パッケージカラーも一新し、スヌーピーは、ドッグハウスの赤い屋根にのっているようなデザインに仕上げた。バンダイ キャンディ事業部は、「味だけでなく見た目も楽しむことができ、思わず2個揃えて写真に収めたくなるフォトジェニックな商品」だとしている。

「食べマス スヌーピー」パッケージにはコミック生誕70周年の限定アートを使用

「食べマス スヌーピー」パッケージにはコミック生誕70周年の限定アートを使用

なお、「PEANUTS(ピーナッツ)」は1950年10月2日にアメリカの7紙で連載がスタートした新聞連載コミックで、「チャーリー・ブラウン」を主人公とし、「スヌーピー」はその愛犬であるビーグル犬。70周年を迎えた2020年中にはケンタッキーフライドチキンでも11月~12月にかけ「スヌーピーボウル」や「スヌーピーハウスちょきんばこ」「スヌーピーカラフルカレンダー」などのグッズ付きメニューを展開して話題となった。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2021/01/2021-0114-1443-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp