不二製油グループ本社「グローバル企業としてブランド力を高める」/清水洋史社長・2021新年インタビュー


不二製油グループ本社・清水洋史社長

不二製油グループ本社・清水洋史社長

――コロナを契機とした変化について

コロナを契機としたニューノーマルにより、世の中が否応なく変わろうとしている。同様に、当社もさまざまな意味で変わらなくてはならない。速やかな企業変革が必要だ。

当社の歴史を振り返ると、製油業界で後発だったため、さまざまな新事業に取り組み、失敗しても学びながら成長してきた。日本の人口が減少する中、日本だけでは限界があり、海外で大きく発展するため、グローバル化を進めている。

中期経営計画「Towards a Further Leap 2020」(2017〜2020年度)では、事業ポートフォリオの最適化を図り、業務用チョコレート事業を強化してきた。ブラマー社(米国)、ハラルド社(ブラジル)など、海外のグループ会社が思うような利益を上げるのは簡単なことではない。その最中に、コロナ禍が起こり、世界中で影響を受けている。

コロナを機に、メーカーの本質、働き方を考える上で大事なのは製品をつくる現場であり、売る現場であると、改めて認識した。

ESG(環境、社会、ガバナンス)経営の「社会」の中心は、従業員である。当社の創業者にはESG経営の概念と合致する考えがあり、2015年に制定した「不二製油グループ憲法」に「人のために働く」という項目を入れた。

全てのステークホルダーとつながっているのは従業員であり、従業員が安心して働ける仕組みが大事だ。環境問題への対応を含め、ESG経営が一段と重要になってきている。その考えの原点は「人のために働く」、という「人間本来の願望の本業で実現」することにある。

2020年6月には主要原料であるパーム、カカオ、大豆のサステナブル調達コミットメントとKPIを公表。その結果、2020年末にはCDPで世界初のトリプルAという評価をいただいた。

「フォアキャスト」と「バックキャスト」を交差させる〉
――経営戦略への影響は

現在から考えて手を打つ「フォアキャスト」と、未来の姿から考えてロードマップを描く「バックキャスト」を交差させるのが私の考え方。フォアキャストから、チョコレート事業を強化している。

将来どのようなお客様のどのような困りごとを解決するのか、バックキャストを明確にしなければならない。コロナにより、バックキャストが10年、20年早まったと感じている。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速し、人々の考え方、価値基準が変化した。その基準として幸福感が重視され、「私が」「私だけ」といったパーソナル対応が求められてくる。例えば、健康状態に応じて「○○様にはこの大豆メニューがおすすめです」といったことが、DXで実現できるようになる。

欧米を中心に世界で、食とテクノロジーの融合によるイノベーションで食分野の課題解決を図る「フードテック」が注目されている。有名な植物肉のスタートアップであるインポッシブル・フーズが躍進している。2020年秋には日本でもフードテックに取り組むプロジェクトが立ち上がり、不二製油も参画した。

――2019年9月に大丸心斎橋本館に直営店「アップグレードプラントベースドキッチン」を出店し、2020年秋には東京・有楽町にポップアップショップ「アップグレードトーキョー」を期間限定出店した。手応えはいかがですか

有楽町のポップアップショップは、多くの感度の高い方にご来店いただき、好評だった。大豆は栄養価が高く、環境負荷が低い。アップグレードでは大豆を使った、新感覚のプラントベースドフード(PBF、植物性食)メニューを提供している。豆乳クリーム、豆乳チーズ、大豆ミートを使ったラザニアや、ウニ様素材「ソイウニ」のグラタンなどが人気を集めた。

自然環境と人間にやさしく、おいしいことが支持された。これが5年前であれば、違っていただろう。大豆ミートと聞いて、今は「食べてみたい」という声をいただける。時代とともに価値観が変わっているところに、不二製油はコミットできて手ごたえを感じている。

欧米では、コロナ禍が環境意識を一層高め、環境負荷の高い肉中心の食生活からフレキシタリアン(ゆるい菜食主義)が増えている。日本でもそのようなことが起こってくる可能性がある。

「食のインテル」として存在感を、次世代の大豆ミートを開発中〉
――BtoCビジネスへの感触は

不二製油はBtoBが中心の食品素材メーカーである。一方、消費者を見ると、今や家庭では、スーパーだけでなく、EC(Eコマース)で産地直送などを利用し、食材を直接購入できる。コロナでDXが加速し、流通の経路依存性が少なくなった。BtoCというプラスアルファの業態への可能性も視野に入れたい。

既存ビジネスを粘り強く維持発展する上でも、業態の可能性を広げる上でも、ブランド力、企業価値の向上が欠かせない。「インテル入ってる(Intel Inside)」のインテルはBtoB企業だが、世界中の誰もが知っている。ブランド力を高め、「食のインテル」としての存在感を出していきたい。

――豆乳クリームバター「ソイレブール」が好調だ。今後のPBF新製品は

ソイレブールは、「USS製法」で作られた豆乳クリームを使用し、独自の乳化・発酵技術により開発した。「バターではないが、かえってあっさりしておいしい」といった感想をいただく。おいしさに加えて、サステナブルな素材としての関心も高まり、採用が広がっている。

大豆ミートなどの素材である粒状大豆たん白の需要増に対応するため、生産能力を昨夏増強した。圧倒的においしい次世代の大豆ミートの開発を進めている。不二製油は、油脂とたん白の技術に強みを持つ。いわゆる肉がおいしいのは脂があるから。油脂とたん白の技術を生かし、次世代の大豆ミートを実現したい。

新製品ではないが、プロテインブームの中、大豆たん白を吸収しやすくさせた大豆ペプチドが再びブームになると見ている。

〈大豆油糧日報2021年1月14日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2021/01/2021-0114-1126-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp