ローソン、つじ田監修「痺れる辛さ 担々麺」とカップ麺「ごま香る正宗担々麺」発売、近畿限定「龍旗信監修 濃厚鶏白湯塩担々麺」も


ローソン「つじ田監修 痺れる辛さ 担々麺」

ローソン「つじ田監修 痺れる辛さ 担々麺」

ローソンは1月12日、ラーメン横丁シリーズ「つじ田監修 痺れる辛さ 担々麺」(税込598円)を発売した。カップ麺「エースコック つじ田監修 ごま香る正宗担々麺」(税込238円)も同時発売。

「つじ田」は2005年、神田御茶ノ水(東京都千代田区)にオープンした、濃厚豚骨魚介つけ麺で知られるラーメン店。飯田橋や八重洲などビジネス街を中心に展開し、都内以外に大阪、神奈川、埼玉、福岡へも店舗展開している。

〈同時発売〉ローソン「まるごと苺みるく大福」「苺みるくロールケーキ」など、いちごスイーツ6品

今回のローソン商品「つじ田監修 痺れる辛さ 担々麺」は、細いながらもしっかりした食感の熟成ストレート麺に、花椒の痺れ、ラー油の辛さ、ごまの風味豊かな濃厚スープを合わせたもの。具材は豚挽肉、もやし、ねぎ、カシューナッツ。「つじ田」店舗のトッピング具材で人気の高い、とろっとたまごも加えることでまろやかに“味変”できる。1月12日時点の発売エリアは、近畿を除く全国。

「エースコック つじ田監修 ごま香る正宗担々麺」は、「つじ田」の看板メニュー「正宗担々麺」をカップ麺で再現したもの。ごまの香りとコクがきいた担々スープに、ラー油と花椒の辛みとシビレを加えることで、濃厚な味わいに仕上げている。

ローソンの最新情報を届けるブログ「ローソン研究所」では、「辛さがあまり得意ではないお兄ちゃんはお水必須」な辛さで、「辛いものが好きな方も満足できるくらい辛くておいしい本格的な担々麺」だとしている。

ローソン限定「エースコック つじ田監修 ごま香る正宗担々麺」

ローソン限定「エースコック つじ田監修 ごま香る正宗担々麺」

なお、ローソンの「ラーメン横丁シリーズ」では各地の名店が監修した商品を展開している。1月、すでに発売した商品は「らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン」(北海道限定)、「頑固麺飯魂 気むずかし家監修 信州味噌ラーメン」(関東甲信越限定)、「岩本屋監修 背脂入り豚骨醤油ラーメン」(北陸限定)、「麺屋白神監修 えびそば」(岐阜県・静岡県・愛知県・三重県限定、三重は名張市・熊野市・伊賀市・御浜町・紀宝町を除く)。

また、「つじ田監修 痺れる辛さ 担々麺」発売と同日の1月12日には、近畿限定で「龍旗信監修 濃厚鶏白湯塩担々麺」(税込530円)を発売している。鶏白湯に魚介系の塩だれなどで味を調えたポタージュのように濃厚なスープに、たけのこや玉ねぎを混ぜた鶏ひき肉の味噌炒めを加え、ローストアーモンドをトッピングした商品。

ローソン 近畿エリア限定「龍旗信監修 濃厚鶏白湯塩担々麺」

ローソン 近畿エリア限定「龍旗信監修 濃厚鶏白湯塩担々麺」

おにぎり「龍旗信監修 塩担々めし」(税込140円)も近畿限定で同時発売。ローソンは、「おにぎりをそのまま食べても美味しいく食べていただけますが、食べ終わったラーメンスープに入れて雑炊風で二度楽しめます」としている。

ローソン 近畿エリア限定「龍旗信監修 塩担々めし」

ローソン 近畿エリア限定「龍旗信監修 塩担々めし」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2021/01/2021-0113-1637-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp