サーティワン ふんわり食感の新クレープ提供「グレンデール」1号店、ナショナル麻布にオープン


新コンセプト「グレンデール」にリニューアルしたサーティワンアイスクリーム麻布店

新コンセプト「グレンデール」にリニューアルしたサーティワンアイスクリーム麻布店

B-Rサーティワンアイスクリームは2020年12月22日、「サーティワンアイスクリーム麻布店」を新ストアーコンセプト「グレンデール」1号店として改装し、リニューアルオープンした。

東京メトロ日比谷線・広尾駅から徒歩3分。スーパーマーケット「ナショナル麻布」敷地内に常駐する車両を利用した店舗。「サーティワンアイスクリーム麻布店」は、サーティワンとして日本で最初のFC店舗(フランチャイズ店舗)で、1974年のオープン以来、46年にわたり、地域の人たちに親しまれてきたという。

新コンセプト「グレンデール」は、米国カリフォルニアをイメージしたアウトサイド・ストアーで、名称の由来は、創業者のバートン・バスキン氏とアービン・ロビンス氏が一緒に、最初にアイスクリーム・ショップを出店したカリフォルニア州南部の地名。サーティワンが来春、新たなイメージ戦略を打ち出すための布石として、次の時代のシンボリックな店舗になるという。

「グレンデール」に改装した「サーティワンアイスクリーム麻布店」では他店舗でも扱うアイスクリームのほかに、新しいコンセプトのクレープ販売を実施している。

そもそもサーティワンのクレープになじみがないという人もいるだろうが、日本国内のサーティワンアイスクリームでは、一部の既存店舗でクレープを販売している。ただし、地域により販売店舗の比率には開きがあり、全店でクレープを販売している都道府県は北海道のみ。

「グレンデール」のクレープは新しく開発した生地を使用しており、もっちりとした既存店のクレープと比べ、ふんわりとした食感に改良しており、食べ応えがありながらも口溶けは軽く、食後のデザートとして食べやすい。フレーバーは「チョコバナナ」「いちごバナナ」「塩キャラメルナッツ」など。アイスクリームなしのクレープは税込450円、アイスクリームありは550円。中に包むアイスは店舗で販売する全フレーバーの中から選択でき、焼き立ての生地で提供する。

左=既存のサーティワン店舗のクレープ、右=グレンデールのクレープ(ともに「チョコバナナ」)

左=既存のサーティワン店舗のクレープ、右=グレンデールのクレープ(ともに「チョコバナナ」)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2021/01/2021-0113-1442-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp