コンビニの購買比で酒類増加、セブン・ファミマ・ローソン3社で/ソフトブレーン・フィールド


コンビニの購買比で酒類増加、セブン・ファミマ・ローソン3社で

コンビニの購買比で酒類増加、セブン・ファミマ・ローソン3社で

フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールドは12月24日、同社の「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy(R)」によるコロナ禍での生活者の意識や行動の変化を分析として、「大手コンビニエンスストア3社(セブン-イレブンジャパン、ファミリーマート、ローソン)」における購買行動を約110万枚のレシートから分析したと発表した。

「食品」「生鮮・総菜」「飲料」「酒類」のレシート購入金額合計に占める構成比を分析(調査期間2~5月、6~9月平均値の比較)。大手コンビニ3社の「食品」「生鮮・総菜」「飲料」「酒類」の購入金額合計に占める部門別構成比をみると、セブン-イレブンは、食品が55.1%から50.5%、4.6ポイント減となった。ファミリーマートは、食品が52.4%から50.3%、2.1ポイント減と食品の構成比が減少し、他カテゴリはほぼ横ばいとなった。ローソンの構成比は、食品56.3%、酒類9.3%と構成比が他2社よりも大きい。

酒類の構成比は、セブン-イレブンが5.7%から6.0%と0.3ポイント増、ファミリーマートが6.0%から7.5%と1.5ポイント増、ローソンが9.1%から9.3%と0.2ポイント増と、それぞれ増加した。3社の酒類の割合は、ローソンが最も高く、セブンイ-イレブンが最も低い。また、2~5月から6~9月の間の変化では、ファミリーマートが最も酒類の伸びが大きかった。

〈酒類飲料日報2020年12月25日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/12/2020-1226-1234-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp