業務改善アプリ「はたluck」が従業員のモチベーション向上に寄与、スーパー「オオゼキ」に導入/ナレッジ・マーチャントワークス


業務改善アプリ「はたluck」(公式サイト内イメージ画像)

業務改善アプリ「はたluck」(公式サイト内イメージ画像)

従業員のシフト管理や連絡の共有に役立てられるアプリケーション「はたluck」(運営はナレッジ・マーチャントワークス)。些細なことでも互いを褒めることのできる機能が、従業員のモチベーション向上に役立っているという。日本は欧州と比較して時間当たりの労働生産性は低く、特に宿泊・飲食業は米国と比較して2倍の差がある。こうしたツールで業務の効率化などにつなげていく。

このアプリは従業員一人ひとりにIDを振り当て、連絡ノートなどをチェックしたか確認し目でわかる。同じ店舗やエリアのスタッフ同士など特定のメンバーだけが見られるトークルームも作ることができる。 このアプリの採用は飲食店やコンビニなどでも広がりつつある。

東京都内を中心にスーパーを展開するオオゼキ(東京都世田谷区)でもこのツールを導入した。導入の効果を、綿貫将也ゼネラルマネージャーは「効率はよくなったが、それ以上に店舗の雰囲気が明るくなった」と話す。

連絡事項などを記載できる「ノート」機能では、1日の売上目標や前日の売上、販売に注力する商品の情報を共有するようにした。「情報共有で、その日に販売を強化している商品を、他部署の人が店内アナウンスなどで宣伝してくれるようになった」という。また、店舗の売り場の写真を他店にも共有するようにもしている。他店の成功事例などを取り入れて、「売れる」売り場づくりにも役立てている。

これらの機能以外にも店舗に貢献している機能がある。「星を贈る」という機能だ。その日の取り組みや感謝したいことなどを書き込むと、それを見た従業員が「いいね」機能と同じように星を贈れる。

最も取り組みの進む東京都大田区の「オオゼキ 雪が谷店」では、互いに星を贈り合うキャンペーンなどで、パートやアルバイト、社員間で良い関係性を築けるようになったという。業務にも良い効果が生まれ始め、アルコール飲料の販売コンクールを実施した際は、同社内では売場の広さがワースト5位以内に入る狭さながらも、販売トップに輝いたこともある。

綿貫ゼネラルマネージャーは「直接褒めるのはなかなかできないが、こうした形ならお互いを認め合えた。働くことが楽しいと感じるスタッフも増えた」と効果を話す。

また、従業員同士の感情のつながりなども可視化できる。店舗の従業員それぞれの関係性を把握しやすくなるため、マネジメントにも役立てられる。

〈冷食日報2020年12月7日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2020/12/2020-1207-1110-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp