「いばらき地酒めぐり in 浅草 anagura」開催、茨城県31蔵の日本酒を「窖(あなぐら)」で飲み比べ


「いばらき地酒めぐり in 浅草 anagura」開催

「いばらき地酒めぐり in 浅草 anagura」開催

茨城県は12月2日・9日・16日・23日と、2021年1月6日・13日の計6日、東京・浅草の「日本酒文化専門店 窖(あなぐら)」で「いばらき地酒めぐり in 浅草 anagura」を開催する。

「いばらき地酒めぐり in 浅草 anagura」は、茨城県内の31蔵のおすすめ銘柄を2時間飲み放題(県産品おつまみ2種付)が楽しめるイベント。参加費用は3000円で要予約。感染症予防策として、参加人数は各回12人までに限定している。

11月26日、27日には関係者を招き、オープニングイベントを開催した。会場となった「窖」の担当者は茨城県の日本酒について「茨城県は関東では最も多い36場の酒蔵がある。その酒造りを支えているのは潤沢な水資源。水系が異なれば味わいも変化し、同じ水系でも蔵元の考え方で味わいは変わる。多くの酒蔵が存在するが、すべて自信をもってお勧めできるクオリティだ」と力説。

今回のイベントについては「茨城県は東京に近く、ある意味“灯台下暗し”の状態となっていた。“茨城にはいいお酒がある”ということを東京でアピールし、ファンづくりを推進していきたい」と話した。

また、11月26日に参加していた西岡本店(桜川市)の西岡勇一郎代表取締役社長は「ここ数年で県内の酒蔵の世代交代が一気に進み、30~40代の蔵元が増加した。中には20代の蔵元もいる。そんな中で横のつながりが強化されている他、県のバックアップもある。協力してさらなる品質の向上を図っており、ここ数年で平均点の底上げがなされていると感じている」と茨城県の酒造業の動きを説明した。

〈酒類飲料日報2020年12月1日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/12/2020-1201-1640-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp