「虫グルメフェスVol.0」開催、スズメバチ飴・タガメサワー・コオロギハンバーグ・虫スムージーなど東京駅構内に集結


「虫グルメフェスVol.0」イメージ

「虫グルメフェスVol.0」イメージ

PR事業などを展開するサニーサイドアップは、11月26日から11月29日までの計4日間、多様な昆虫食が一度に楽しめる「虫グルメフェスVol.0」を、東京駅構内地下1階にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」で開催する。

〈関連記事〉注目集める昆虫食、コオロギ塩やコオロギせんべい、スコーピオンウォッカなど

同社は、昆虫食の魅力を継続的に発信し、「insect cuisine(インセクト キュイジーヌ)」という新しい食カテゴリーの確立を目指す“虫グルメフェス実行委員会”を設立。今回の「虫グルメフェス Vol.0」はその活動の第一弾となる。

「虫グルメフェス Vol.0」は、昆虫食の第一人者である昆虫料理研究家・内山昭一氏を特別アドバイザーに迎え、昆虫料理を提供している個性派酒場「鳥獣虫居酒屋 米とサーカス」、昆虫食品の製造・販売を行う「昆虫食 TAKEO」、“人間用昆虫食材”の専門店「はまる食品」など、注目の店舗が出店する。それぞれの店舗で販売するメニューは以下の通り。

「鳥獣虫居酒屋 米とサーカス」は、「スズメバチ飴」(700円)、「3種のハンバーグ食べ比べセット(コオロギ・鹿・牛豚)」(1,400円)、「お好きなハンバーグ1種類」(700円)、「虫薬膳酒」「虫スムージー」「スズメバチレモンサワー」などを販売する。

「昆虫食 TAKEO」では、タガメサワーを使った限定レシピ、タガメサワー+虫キャンディ―、蚕糞ティー(サンシャティー=カイコのフンのお茶)を使った限定ドリンクなどを提供。

「はまる食品」では、「サゴワームとオオスズメバチ幼虫のバターソテー」、「迫力!大型オオスズメバチのドライフーズ」、「コオロギとバッタの素揚げミックス」など。

「FUTURENAUT コラボ かずき&うつせみテクノ」では、コオロギパウダー入りお汁粉+抹茶ゴーフレット、ハイプロテインソイラテ(コオロギパウダー使用)+ゴーフレット、アフォガード(コオロギコーヒーコラボ)など。

また、「オフィシャルキッチン」では、内山氏監修のオリジナルメニューを提供予定。「オフィシャルドリンクバー」では、ソフトドリンクや昆虫を使ったオリジナルドリンクを用意している。

虫グルメフェス実行委員会は、近年話題になりつつある昆虫食の魅力を正しく世の中に発信することをミッションに掲げている。昆虫は高タンパクで良質な脂肪、ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養価が高いことで知られている。また、ほかの家畜と比べて、メタンガスなど温室効果ガスの発生が少なく、狭い土地と少量の水で飼育ができることから、サスティナブルな食材として話題にされることも増えてきている。

これまで慣れ親しんでいる肉や魚・野菜などの食文化に、新たな選択肢「insect cuisine(インセクト キュイジーヌ)」が参入することで、食のダイバーシティ化を起こしているという。同実行委員会は、「昆虫食の魅力を正しく、楽しく伝えることで、昆虫食という新たな世界に日本中を導くことを目指し、活動していきます」としている。

「虫グルメフェス Vol.0」概要

◆場所
イベントスペース「スクエア ゼロ」
東京都千代田区丸の内1丁目-9 JR東京駅構内地下1階

◆日時
11月26日(木)14時~19時
11月27日(金)11時~19時
11月28日(土)10時~19時
11月29日(日)10時~18時

◆「虫グルメフェス Vol.0」公式サイト

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/11/2020-1125-1430-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp