テーブルマーク社長交代、次期社長に吉岡清史常務、2021年1月1日就任


テーブルマーク・吉岡清史次期社長

テーブルマーク 吉岡清史常務

テーブルマークは11月24日、次期社長に吉岡清史常務執行役員製造本部長が内定したと発表した。2021年1月1日に就任する。香川雅司社長は退任する。

〈吉岡清史次期社長略歴〉
吉岡清史(よしおか・きよし)、松山商科大経済学部卒、1987年加ト吉入社、2000年7月に同新潟魚沼工場工場長、2010年10月テーブルマーク魚沼水の郷工場工場長、2013年1月新潟魚沼工場工場長を経て、2016年7月執行役員製造本部副本部長に就任、2019年から常務執行役員製造本部長。1962年6月8日生。香川県出身。

〈冷食日報2020年11月25日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2020/11/2020-1125-1637-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp