東洋水産「スマイル“フード”プロジェクト in 東北2020」優勝は福島・あさか開成高校チーム「スマイルA.K.H」、「ふくしまプライド。うっっっ米!たまごスープ」


「スマイル“フード”プロジェクト in 東北2020」決勝大会出場チームの作品

「スマイル“フード”プロジェクト in 東北2020」決勝大会出場チームの作品

東洋水産(株)(今村将也社長)は11月21日、宮城県仙台市で「スマイル“フード”プロジェクト in 東北2020」決勝大会を開いた。FD(フリーズ・ドライ)スープのレシピコンテスト。優勝には福島県立あさか開成高校・チーム「スマイルA.K.H」の作品「ふくしまプライド。うっっっ米(まい)!たまごスープ」が輝いた。

「食の未来を担う青少年の健全な育成と、地域社会への貢献」を目的に開催しているもので、今回で6回目。東北地区の「食」に興味・関心のある高校生が対象で、今回は過去最高の46校196チームからの応募があった(1チーム3人、前回は32校100チーム)。優勝作品は来年の秋頃に東北地区でマルちゃんブランドのFDスープとして販売される予定。

〈前回開催〉東洋水産「スマイル“フード”プロジェクト in 東北 2019」、優勝は岩手・紫波総合高校チーム“S3”「岩手のじゃじゃ!鶏蛋湯」

例年は東洋水産本社にて決勝大会を開いていたが、今回はCOVID-19(新型コロナウィルス肺炎)の影響で、宮城県仙台市の仙台国際ホテルに会場を変更。審査はプロモーション(レシピを選んだ理由や、地域の特性を生かした食材を選んだ理由など)と実食審査で行う。実食審査は「レシピ通りに作ったスープ」と、「そのスープをFD加工して戻したスープ」の2種で実施。元々のスープとしてのおいしさも、FDへの適性も審査対象となる。

審査員長の真喜屋理恵子常務は、「今年は決勝大会を開けるか最後まで悩んだが、こんな時こそ工夫をして実施しようとなった。募集してもらえるか不安もあったが、過去最高の応募をいただいた。この間、色々と制限があったと思うが、その中で考え、学び、新しい発見があったのではないかと思う。各県の代表としてエネルギーを発揮して、楽しんでもらえたら」とエールを送った。

優勝した福島県立あさか開成高校のチーム「スマイルA.K.H」はプレゼンテーションで、「環境保全活動を行っている猪苗代湖の『水』、地元の『あさか舞』の米粉、福島産の『卵』、『伊達鶏』を使用。そこに郷土料理『いかにんじん』を加えた。米粉を使うことで雑炊ではなく、食べるスープに仕上げた。米粉の利用で食料自給率アップへの貢献も考えている。また、『ふくしまプライド』をメニュー名に入れたかったので、県にお願いしたらロゴマークの使用許可もいただいた。パッケージ案には疫病退散・免疫力アップを願い『赤べこ』をデザインした」等と紹介した。

「スマイル“フード”プロジェクト in 東北2020」決勝大会出場チームの集合写真

「スマイル“フード”プロジェクト in 東北2020」決勝大会出場チームの集合写真

決勝大会の出場チームと作品は以下の通り。

◆青森県立弘前実業高校・チーム「モリュ」
「青森 冬の味 たらの親子汁」

◆岩手県立大船渡東高校・チーム「3A 野菜班」
「三陸イサダの野菜たっぷりスープ」

◆宮城県農業高校・チーム「農業経営者クラブ」
「伊達な宮城じゅうねんスープ」

◆準優勝・秋田県立能代松陽高校・チーム「類は友を呼ぶ」
「秋田の冬籠り」

◆山形県立庄内農業高等学校・チーム「いも煮研究会」
「トマトみそいも煮」

◆優勝・福島県立あさか開成高校・チーム「スマイルA.K.H」
「ふくしまプライド。うっっっ米(まい)!たまごスープ」

〈米麦日報2020年11月25日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/11/2020-1125-1612-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp