スタバ「抹茶×抹茶ホワイトチョコレートフラペチーノ」発売、クリスマスまでのホリデーシーズン限定グッズ第2弾も/スターバックスコーヒージャパン


スタバ「抹茶×抹茶ホワイトチョコレートフラペチーノ」「抹茶×抹茶ホワイトチョコレート」

スタバ「抹茶×抹茶ホワイトチョコレートフラペチーノ」「抹茶×抹茶ホワイトチョコレート」

スターバックス コーヒー ジャパンは11月25日、2020年クリスマスに向けたホリデーシーズン限定ビバレッジ第2弾「抹茶×抹茶ホワイトチョコレートフラペチーノ」「抹茶×抹茶ホワイトチョコレート」の2品を、全国のスターバックス店舗(一部除く)で発売する。12月25日までの期間限定販売。

「抹茶×抹茶ホワイトチョコレートフラペチーノ」は、香り豊かでほろ苦い抹茶ソースと、ホワイトチョコレート風味シロップの濃厚でやさしい甘さを楽しめるドリンク。ホイップクリームと抹茶ブラウニーの上には、粉雪をイメージしたパウダーシュガーを散りばめている。抹茶ソースによるグリーンのマーブル模様が印象的な一杯。Tallサイズ限定、価格は590円(以下すべて税別)。

「抹茶×抹茶ホワイトチョコレート」は、香り豊かでほろ苦い抹茶とホワイトモカシロップに、バリスタが一杯ずつスチームしたミルクをあわせたドリンク。HOTのみ。価格は、Short450円、Tall490円、Grande530円、Venti570円。

また、スターバックスでは11月30日から、ホリデーシーズン限定グッズ第2弾を、全国のスターバックス店舗(一部除く)と、スターバックスオンラインストア(一部商品を除く)で販売する。販売期間は12月25日までだが、なくなり次第終了。

スタバ 2020年ホリデーシーズン限定グッズ第2弾

スタバ 2020年ホリデーシーズン限定グッズ第2弾

2020年ホリデーシーズン限定グッズ第2弾では、「Brilliant Season」をテーマに、冬のキラキラと輝く季節感を表現したという。ラインアップは、スノーフレーク(雪の結晶)を全面に描いた「ステンレスボトル」、グラスが動くたびにハンドルの中のビーズが輝く「グラスマグ」、横たわった“ベアリスタ”がスノードームを抱えた「スノーグローブ」など全17種を展開。また、オンラインストアでしか購入できない限定商品も登場するという。クリスマス限定グッズ第2弾の商品名・価格は以下の通り。

〈1〉「ホリデー2020ステンレスボトルジェムズ360ml」4,000円
〈2〉「ホリデー2020ボトルスノーグローブリッド443ml」2,500円
〈3〉「ホリデー2020ステンレスタンブラーダイヤモンドグラデーション355ml」3,400円
〈4〉「ホリデー2020タンブラースノーフレーク355ml」1,800円
〈5〉「ホリデー2020リボンバンドブランケット」2,300円
〈6〉「ホリデー2020ステンレスToGoロゴタンブラーパールブルー355ml」3,500円
〈7〉「ホリデー2020マグコメットスター296ml」2,000円
〈8〉「ホリデー2020ボトルポンポンチャーム473ml」2,300円
〈9〉「ホリデー2020マグリボンストライプ296ml」2,000円
〈10〉「ホリデー2020マグリボンリッド355ml」2,600円
〈11〉「ホリデー2020カトラリーレストセット」2,200円
〈12〉「ホリデー2020ビーズハンドル耐熱グラスマグスター296ml」2,300円
〈13〉「ホリデー2020ステンレスロゴボトルホワイトスノー473ml」4,000円
〈14〉「ホリデー2020ステンレスマグピンク414ml」2,900円
〈15〉「ホリデー2020スノーグローブベアリスタ」4,000円
〈16〉「ホリデー2020ビバレッジカードレッドカップ」620円、税別610円までのドリンクと交換可能
〈17〉「2021スターバックス年賀状3枚セット」1,000円、1枚あたり税別330円までのドリンクと交換できるチケット付き。切手は含まれていない。

なお、スターバックスでは、2021年版福袋「スターバックス福袋2021」オンライン抽選の申し込みを受け付けている。税込7500円(送料込)。申込期限は11月26日まで。今年はオンライン抽選のみで販売し、店頭販売は行わない。

〈関連記事〉コーヒーの2021福袋続々、スタバ・コメダ・ドトールは予約開始、上島珈琲・エクセルシオール・カフェレクセルは12月から

「スターバックス福袋2021」のトートバッグ

「スターバックス福袋2021」のトートバッグ

他のカフェチェーンでは、コメダ珈琲店・ドトールコーヒーショップも2021年福袋の予約注文を受付開始しており、上島珈琲店・エクセルシオール・カフェレクセルも、予約開始は12月1日からだが、すでに福袋の内容は告知している。今年も例年通り、年末年始に向けて各カフェチェーンの話題が盛り上がっていきそうだ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/11/2020-1125-0940-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp