機能性表示食品「お~いお茶 お抹茶」発売、“認知機能(注意力・判断力)の精度を高める”/伊藤園


機能性表示食品「お~いお茶 お抹茶」「お~いお茶 お抹茶POWDER」(伊藤園)

機能性表示食品「お~いお茶 お抹茶」「お~いお茶 お抹茶POWDER」(伊藤園)

伊藤園は、日本初のテアニン・茶カテキンを機能性関与成分として“認知機能(注意力・判断力)の精度を高める”のキャッチを記載した機能性表示食品、抹茶製品「お~いお茶 お抹茶」を12月7日に発売する。ラインアップは抹茶飲料の「お~いお茶 お抹茶」(370mlボトル缶/税別150円)と、スティックタイプの「お~いお茶 お抹茶POWDER」(1.7g×32本入/2800円、1.7g×6本/600円)の2品。

同社は11月18日に発表会を行い、伊藤園の本庄大介社長や「お~いお茶」CMキャラクターの有村架純さんが出席した。有村さんは、新商品について「抹茶ラテのようなクリーミーさがありながら、ゴクッと飲むとしっかりお抹茶の味がします。 渋過ぎないので飲みやすい。お抹茶を日常から取り入れることで、気分を上げてもらえたら」と話した。

有村架純さんと伊藤園・本庄大介社長

有村架純さんと伊藤園・本庄大介社長

【商品概要】
「お~いお茶 お抹茶」
=機能性表示食品の抹茶飲料、摂取目安量1日2本。伊藤園独自の契約栽培の抹茶を使用し、まろやかな後味と余韻のある旨みに仕上げた。抹茶の液色を保持する独自技術により、緑鮮やかな抹茶の色を実現している。

「お~いお茶 お抹茶POWDER」=機能性表示食品の抹茶パウダー、摂取目安量1日2本。伊藤園独自の契約栽培の抹茶を使用し、柔らかい香りと旨み、穏やかなほろ苦さに仕上げた。飲用だけでなく、おいしい食べ方として毎日の料理にも手軽に使用できるスティックタイプ。製品パッケージや伊藤園のWEBサイトでは、同製品を使用した料理レシピを紹介している。

両商品ともに、消費者庁への届出表示は「本品には、テアニン・茶カテキンが含まれます。テアニン・茶カテキンには、年齢とともに低下する認知機能のうち、注意力(注意を持続させて、一つの行動を続ける力)や判断力(判断の正確さや速さ、変化する状況に応じて適切に処理する力)の精度を高める機能があることが報告されています。認知機能(注意力・判断力)が気になる方に適しています」。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/11/2020-1121-1517-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp