バーガーキング“バンズなし”「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」発売、総重量499gの4枚ビーフパティで具材をサンド


バーガーキング“バンズなし”「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」

バーガーキング“バンズなし”「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」

バーガーキングは11月20日から12月3日まで、「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」を各日14時以降に販売する。数量限定でなくなり次第終了。

新登場する「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」は、ビーフパティ4枚を使用した“超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ”の最新作であり、ビーフパティで具材をはさんだ、バーガーキング史上初の“バンズなし”バーガー。

直火焼きの100%ビーフパティ4枚の総重量は499g(焼成前)。具材を加えた総重量は510g、総カロリー1236kcalの大ボリュームに仕上げた。具材はチェダーチーズスライス2枚・ピクルス・レタス・トマト・オニオンを使用して、ケチャップとシーズニングでシンプルに味付けしている。単品は税込1400円、フレンチフライ(M)・ドリンク(M)セットは税込1700円。

単品・セットのいずれか1つ購入ごとに、挑戦の証として、「EXTREMEオリジナルステッカー」を1枚プレゼントする。ステッカーは無くなり次第終了。

バーガーキング「EXTREMEオリジナルステッカー」

バーガーキング「EXTREMEオリジナルステッカー」

再登場の「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」は、“ワンパウンドビーフバーガーシリーズ”に寄せられた意見・要望を参考に完成し、7月に発売したマキシマムサイズのハンバーガー。単品税込1600円、セット税込1900円。

今回の発表では「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」の詳細には触れていないが、前回発売時の商品内容は以下の通り。

直火焼きの100%ビーフパティ4枚計でビーフ総重量は499g。コクのあるチェダーチーズスライスを4枚、さらにスモーキーなベーコン、味のアクセントのピクルス、フレッシュなレタス、店舗で毎日カットする新鮮なトマトとオニオンを加え、13cmにサイズアップしたセサミバンズで挟んだ。総カロリー2046kcal。

〈関連記事〉バーガーキング 重量600g超「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」発売

バーガーキング「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」

バーガーキング「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」

なお、バーガーキングは2020年10月中旬から、デリバリーサービス「menu」との提携を開始しており、「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」のデリバリー販売は「menu」限定で実施する。

デリバリー価格(税込)は、「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」が単品1520円、セット1920円。「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」が単品1720円、セット2120円。両商品の発売に合わせ、11月20日から12月3日までの14日間限定で、「menu」を利用したバーガーキングのデリバリー注文の「配達料無料キャンペーン」を実施する。

バンズなしハンバーガーは、ケンタッキーフライドチキンの「THE DOUBLE」やモスバーガーの「菜摘」など、他のファストフードでも展開されてきた。今回の「エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー」では、“バンズなし”に加え“超ボリューム”という点がアピールされており、見た目・食べ応えともに話題となりそうだ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/11/2020-1119-1452-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp