秋田米の新品種「サキホコレ」、佐々木希さんがイベントで発表/秋田県庁


「サキホコレ」名称お披露目イベントに登場した佐々木希さん

「サキホコレ」名称お披露目イベントに登場した佐々木希さん

秋田県庁は11月17日、都内で「秋田米新品種 名称お披露目イベント」を開催、県の新ブランド米「秋系821」の名称を「サキホコレ」に決定した。イベントには秋田県出身のモデル・佐々木希さんが登場し、名称を発表。佐竹敬久秋田県知事、(株)神明・森竜哉取締役常務執行役員、木徳神糧(株)・平山惇社長らが登壇した。

「秋系821」は「中部132号」を母に、「秋田97号(つぶぞろい)」を父に持つ県オリジナルうるち品種で、9年の歳月をかけて開発された。極良食味にこだわり、「白さとツヤが際立つ外観」「粒感のあるふっくらとした食感」「深く上品なうまみ」を特徴としている。秋田米のフラッグシップ(=最高級)の立ち位置として、令和4年産から正式にデビューする予定。

名称は2020年春に全国で一般公募を受け付け、約25万件もの応募から6件(「サキホコレ」「秋うらら」「あきてらす」「秋田八二一(はちにいいち)」「稲王」「べっぴん白雪」)に絞られ、佐竹県知事の最終決定によって「サキホコレ」が選ばれた。考案者は秋田県の成田裕樹さんで、「『秋田の地力』から生まれた『小さなひと株』が、誇らしげに咲き拡がって日本の食卓を幸せにしてほしい。この名前は、お米自信へのメッセージであると同時に、生産者や消費者に明るいチカラを与えてくれる『エール』でもある」という思いが込められている。

名称をお披露目した佐々木さんは「私も秋田の大自然が大好きで、故郷に帰ると『また東京で頑張ろう』という気持ちになります。『サキホコレ』からも前向きな気持ちと大自然のパワーが伝わってきます」とした。

(株)神明の森氏は「名前にふさわしく素晴らしい品種なので、大切に売っていきたいです」、木徳神糧(株)の平山氏は「この米を食べて、秋田からはますます美人が生まれるのではないかと思う(笑)。色は白く、ツヤもあり、美味しいの3拍子が揃っているので、必ず売れる米になると思います」と意気込みを述べた。

試食会では白米と秋田の郷土料理「ぼだっこ」(塩辛い紅鮭)、秋田産「ズワイガニ」のリゾットが振る舞われた。白米を一口食べた佐々木さんは「すったげ、うめぇ」(すごく美味しい)と秋田弁で絶賛。「息子の食育も大切にしていきたいです。このお米を食べてすくすく元気に育って欲しいです」と述べた。

〈米麦日報2020年11月19日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/11/2020-1119-1100-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp