ヤッホーブルーイング「マジ福袋2021」は水曜日の猫・よなよなエール・インドの青鬼などクラフトビール詰め合わせ、すでに完売のセットも


ヤッホーブルーイング「マジ福袋2021」イメージ

ヤッホーブルーイング「マジ福袋2021」イメージ

ヤッホーブルーイングは、よなよなエール公式通販サイト「よなよなの里」で、クラフトビールの福袋「マジ福袋2021」の販売を実施している。

2019年11月に発売した「マジ福袋2020」は前年比約1.2倍の約5000セットが1ヶ月で完売し、なかでも「極松セット」は約1万6千円という価格にも関わらず50セットが1日で完売するなど、人気を獲得した。

今回の「マジ福袋2021」の販売開始は11月1日。昨年同様に人気らしく、「極松セット」「松セット」「竹セット」は既に完売。11月17日時点で、残るは「梅セット」のみとなっている。

販売中の「梅セット」はクラフトビール7種類12本と、福袋限定冊子のセット。税別3580円、送料無料。クラフトビールのうち内訳は、「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日の猫」「僕ビール君ビール」「クラフトザウルス ブラックIPA」「クラフトザウルス ペールエール」各1缶と、「福ビール2021」6本。

「マジ福袋」のために開発した限定ビール「福ビール2021」

「福ビール2021」は「マジ福袋」のために開発した限定ビールで、ビアスタイルはアメリカ生まれの最旬トレンド「ヘイジーIPA」。霞みがかった黄金色の見た目と、パッションフルーツやマンゴーを思わせる華やかな香りが特徴の、おめでたい席に華を添えるビール。小麦やオーツ麦由来のアミノ酸とホップ由来のポリフェノールによって濁りを生んでいる。香りを強調しながらも苦味を抑えるために、香り成分に特化した「CRYO HOPS」を使用。無濾過で缶に詰めることで豊かな香りが感じられるという。香りの印象が強い分、アルコール度数は6.5%と少し飲みごたえのある飲み口にしてバランスをとっている。

※CRYO HOPS=米Yakima Chief Hops社が開発した、ホップを超低温下で粉砕した後、苦味とアロマ成分の元となるルプリンのみを抽出して出来た製品。

ヤッホーブルーイングは「マジ福袋2021」について、「コンセプトは“年末年始の家飲みをマジで盛り上げる”。おうちで、オンラインで、多様で個性的なクラフトビールを友人や家族と楽しみ沢山の笑顔や会話が生まれ盛り上がる。そんな思い出に残る時間を“マジ福袋2021”を通じてお届けします」などとしている。

◆よなよなエール公式通販サイト「よなよなの里」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/11/2020-1117-1433-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp