ペットボトルのキャップを再生し化粧品の容器に利用へ/キリンとファンケル


「キリン 午後の紅茶」と、容器の一部にペットボトルのキャップ由来再生樹脂を使用した「スキンクリア クレンズ オイル〈エコパック〉」

「キリン 午後の紅茶」と、容器の一部にペットボトルのキャップ由来再生樹脂を使用した「スキンクリア クレンズ オイル〈エコパック〉」

キリングループのキリンビバレッジは、ペットボトル入り清涼飲料の生産時に排出されるキャップを再生樹脂に加工した素材を、ファンケルのグループ会社であるアテニアの化粧品容器の一部に採用することを発表した。ペットボトルのキャップ由来再生樹脂を、化粧品容器に採用することは、国内の化粧品業界で初めての取り組みとなる。

これにより、キリンビバレッジはペットボトルのキャップの約3~4割を再利用することができ、廃棄物による環境負荷を低減することが可能となる。またアテニアは、再生樹脂を採用することで、従来の製品に使用していた新規プラスチック量の約40%を削減できる。キリンホールディングスとファンケルは、2019年の資本業務提携を契機にさまざまな共同開発を進めている。

アテニアは環境を配慮し、ボトルタイプに比べて樹脂量を約85%削減できるフィルムパウチを使ったクレンジングオイルのレフィル製品(詰め替え用品)「スキンクリア クレンズ オイル〈エコパック〉」を販売している。今回さらなる環境への配慮を踏まえ、ポリエチレン製「スパウト部」(吐出口のパーツ)に、ペットボトルのキャップに由来する再生樹脂を採用した。

再生樹脂の製造方法は、キリンビバレッジの湘南工場でペットボトル入り清涼飲料に使用するプラスチックキャップを選別回収。そのキャップの印刷を専用の機器で除去、粉砕してフレーク状(8mm角ほどの大きさ)にする。その後、溶解、混合してペレット状(均一の品質にして小さな粒状に成型したもの)に加工する。ペレット加工以降の工程からは、アテニアが生産委託している容器メーカーが実施し、ペレットを溶解し、色素を加えて再生樹脂にしたものを成型して完成させている。

再生樹脂として使用するには、キャップの選別や印刷の除去工程などに手間がかかるが、化粧品容器メーカーなどの協力を得ることで、国内の化粧品業界では初の試みとして実現できたという。

両社は、「今後もキリンビバレッジで排出されるペットボトルのキャップについて、ファンケルグループのポリエチレンを使用した製品パーツへ応用することを検討していきます。また、これだけでなく(両グループ各社の)製品特性などを生かし、さまざまな視点で環境影響に対する取り組みについて検討を進めていく予定です」とした。両グループのこれまでのノウハウを融合し、環境負荷の低減に向けた研究や技術開発を進めていく考えだ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/11/2020-1112-1507-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp