豆乳生産量 7~9月は3.5%増の11.3万kl、無調整・大容量中心に伸長/日本豆乳協会


日本豆乳協会・豆乳生産量の推移

日本豆乳協会・豆乳生産量の推移

日本豆乳協会がこのほどまとめた、2020年7月~9月の豆乳生産量によれば、2019年同期比3.5%増の11万3,565klとなった。

品目別では、無調整豆乳が14.9%増の3万2,630klと、最も伸び率が大きかった。生産量が最も多い調製豆乳は、0.1%減の5万4,953klとほぼ前年並だった。豆乳飲料は、「果汁入り」は3.8%増の4,830kl、コーヒーや紅茶などフレーバー系が分類される「その他」は、0.2%減の1万6,929klだった。

一部カテゴリでは前年並の生産量となったが、全体では順調に拡大している。他方で、業務用として生産されている豆乳は、外出自粛が続いていることもあり、今年に入り低迷していたが、7~9月期はほぼ昨年レベル(9.1%減の4,222kl)に戻ってきているとする。

日本豆乳協会では、コロナ禍で在宅需要が増加傾向にあり、豆乳は飲用だけでなく、料理用途の需要が伸び、利用者が拡大していることが、豆乳市場の伸びの要因としている。特に料理需要の高い無調整豆乳の1Lを中心に生産量が増加しており、家庭内の消費量が大幅に増加したと分析している。

他方で、在宅勤務が増え、オフィス街のコンビニでの豆乳消費量が減少したことが、調製豆乳の微減に繋がったと見ている。

〈大豆油糧日報2020年11月10日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/11/2020-1110-1502-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp