日本水産、次期中計を1年後ろ倒し、来期は体質強化の年に/2020年度上期連結業績


日本水産・山本晋也取締役常務執行役員CFO

日本水産・山本晋也取締役常務執行役員CFO

日本水産が10月5日、発表した2020年度上期の連結業績は、コロナ禍の影響による外食・観光需要の大幅減、需要減による魚価低迷、CVS(コンビニエンスストア)向け販売減などが響いて減収・減益となった。

通期業績予想はコロナ禍の影響が上期で収まる想定だったため、影響の長期化などに伴い売上・利益とも下方修正した。また、先行きが不透明なこともあり、来年度の2021年度は体質強化の1年とし、次期中期経営計画(中計)は2022年度から開始する方針も示した。同日、オンラインで報道向けの決算説明会を開催し、山本晋也取締役常務執行役員CFOが業績概況などについて説明した。

今期の通期見通しは、売上・利益とも下方修正した。売上高は前期比5.8%減(当初予想比3.0%・200億円減)6,500億円、営業利益は同34.3%減150億円(同21.1%・40億円減)150億円の計画とした。

要因として山本常務は、5月に発表していた通期業績予想はコロナ禍の影響が上期で収まり、第3四半期より回復する想定だったが、国内外とも感染が収まらず、影響が長期化する見通しであることを挙げた。

国内水産市況では、平均価格が回復傾向も、取り扱い数量は依然軟調が継続。また、国内業務用市場、海外市場も6月以降若干回復も前年を下回る状況が続いている。一方、国内家庭用市場は、巣ごもり需要で量販店は堅調だが、家庭用冷凍食品は市場拡大も6月以降は伸びが鈍化しているという。

さらには10月以降、世界各国で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、欧米各国でもロックダウン再開や外出自粛などの制限が再開。今後も外食・観光需要や魚価への影響が続くことが予想される。それに加え、医薬品原料販売では、コロナ禍の影響で米国FDA の来日が遅れており、想定より減少する見込みだという。

地域・事業別の見込みは、食品事業では、北米と欧州では上期に続き家庭用が業務用の落ち込みをカバーし増収。日本では、CVS向けのチルド事業の販売減が響き減収。水産事業は国内・海外とも、需要減・販売価格下落が響き減収を見込む。

また、今期が3カ年中計の最終年度だが、先行きが不透明なこともあり、来年度の2021年度は体質強化の1年とし、次期中計は2022年度から開始する。今後の成長戦略には海外展開が欠かせないが、出入国制限が続く中で、協業や買収などの事案を進めづらい点などが要因だ。

山本常務は「1年間で傷んでいる国内養殖、チルド事業を中心に体質強化を図る」「(コロナ禍で先が見通せない中で)マインドが保守的になりがちで、アグレッシブなことをやりづらい状況。どうすべきかしっかり考える1年とする」など述べた。

業務用食品は簡便・省力化対応で差別化、欧州は英・仏中心に加えドイツで販売開始

山本常務は、各事業の現状の振り返りと下期以降の打ち手についても説明した。食品事業では、チルド事業がCVS来店客数減少の影響から苦戦。これに対し、人員削減や生産体制の見直しによる生産性改善および、チルド弁当・惣菜などニーズが拡大するカテゴリーの開発強化、廃棄ロス削減を意識した商品開発を行う。

外食・惣菜売場向けで苦戦気味の業務用食品では、国内においては、調理現場の人手不足対応を訴求した商品の展開を強化し、簡便・省力化対応による差別化を図る。白身魚たんぱくの訴求も強化する。海外では、テイクアウト・デリバリー向け商品を強化する。

また、欧州食品事業では、英・仏中心に加えドイツでの販売をスタートするとともに、生産機能の拡張を図る。

〈冷食日報2020年11月9日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2020/11/2020-1109-1603-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp