高知県農協で「米の不適切な取扱い」、多岐にわたる法律違反


サンプル

高知県農協はこのほど、四万十営農経済センターで発生した以下の「米の不適切な取扱い」を公表した。

〈1〉2020年5月~10月21日、CEで「ヒノヒカリ」が混入した可能性のある令和元年産「にこまる」867袋(26.01t)を「にこまる」として受検、うち774袋(23.22t)を「にこまる」として販売。

〈2〉2019年11月~2020年10月19日、令和元年産「にこまる」(慣行栽培玉)156袋(4.68t)を特別栽培米として販売。

〈3〉2019年10月~2020年9月21日、令和元年産“中土佐町産(大野見地区)”「ヒノヒカリ」575袋(17.25t)を四万十町産として販売。

2020年8月、中国四国農政局による立入調査の際、「担当職員は事実と違った説明」をしていたものの、10月の再調査で事実を認めたことから発覚したもの。

取引先に連絡したほか、購入した消費者には全額返金対応すべくフリーダイヤルを設置している(平日午前8時30分~午後5時、15日まで、TEL:0120-014-593)。

いわゆる自主公表にあたるものの、違反内容が食品表示法、農産物検査法、米トレサ法、JAS法、食糧法、農協法と多岐の違反にあたるため、いずれ処分が下されるものとみられる。

〈米麦日報2020年11月6日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/11/2020-1106-1552-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp