ゴディバがファミレスと初コラボ、デニーズにチョコレートサンデー・チョコレートミニパルフェ・チョコレートパンケーキ


デニーズ×ゴディバ コラボスイーツ3商品

デニーズ×ゴディバ コラボスイーツ3商品

セブン&アイ・フードシステムズが展開するファミリーレストラン「デニーズ」は11月10日、ゴディバ ジャパンと共同開発したデザート「GODIVA チョコレートサンデー」(税込1,208円)、「GODIVA チョコレートミニパルフェ」(税込658円)、「GODIVA チョコレートパンケーキ」(税込768円)を全店舗で発売する。販売期間は2021年1月上旬までを予定している。

GODIVA(ゴディバ)がファミリーレストランとコラボレーションをするのは今回が初めて。

セブン&アイ・フードシステムズとゴディバジャパンは11月6日、発表会・試食会を開催。セブン&アイ・フードシステムズの小松雅美社長は、「他の企業と開発段階から一緒になってメニューを作ったのは今回が初めて」とし、約1年がかりで、検討・開発を進めてきたという。

今回発売する3商品は、新たに開発した食材を使っている。薄く伸ばしたクレープ生地を焼いて細かく砕いた「フィアンティーヌココア」、カカオの苦味と甘さを感じることができる「カカオゼリー」、GODIVAコラボでブラッシュアップした「ミルクチョコクリーム」、アイスとは違いミルクなどを加えていない「カカオソルベ」など。

監修を行ったゴディバジャパンのショコラティエ、ヤニック・シュヴォロー氏は、日本人が好む食感を楽しめる3商品に仕上げたとし、各商品について以下のように説明した。

デニーズ×ゴディバ 3つのデザートメニューを展開

「GODIVA チョコレートサンデー」は、一口ごと、各層で異なるチョコレートが体験できるサンデー。GODIVA(ゴディバ)監修のならかなミルクチョコレートクリームをはじめ、カカオゼリー、アイスクリームなどを使い、上にはキャラメリゼしたバナナ、ラズベリー、カカオソルベをトッピングしている。カカオソルベは水をメインに使っているため、カカオ本来の味わいを楽しめるという。

デニーズ「GODIVA チョコレートサンデー」

デニーズ「GODIVA チョコレートサンデー」

「GODIVA チョコレートミニパルフェ」は、上記のサンデーのテイストを少し変えたミニサイズのパフェ。チョコレートクリームやアイスクリームのなめらかな口あたりと、ゼリーやココアコーンなど、食感の違いも楽しめる商品。トッピングのアイスクリームは、ソルベと違いミルクやクリームを加え、丸みを帯びた味わいだという。

デニーズ「GODIVA チョコレートミニパルフェ」

デニーズ「GODIVA チョコレートミニパルフェ」

「GODIVA チョコレートパンケーキ」は、チョコレートを生地に練り込み、出来立ての温かさとアイスの冷たさが楽しめるふわふわのパンケーキ。注文が入ってから焼き上げる3枚のパンケーキに、温かいチョコソースをまとわせている。このチョコソースは、パンケーキ専用に開発したもの。カカオソルベとチョコレートアイス、ホイップクリームを添え、ラズベリーフレークとフィアンティーヌココアをまぶしている。

デニーズ「GODIVA チョコレートパンケーキ」

デニーズ「GODIVA チョコレートパンケーキ」

発表会で「GODIVA チョコレートミニパルフェ」を試食した。トッピングのキャラメリゼされたバナナ、チョコアイス、ラズベリー、チョコレートを食べた後、サクサクのココアコーンが入ったミルクチョコクリームの層から始まり、次の層にはカカオゼリー、さらにその下には軽い食感のフィアンティーヌココアと再びバナナが登場し、ミニサイズながらも満足感があり、最後まで楽しめた。

コラボレーションの経緯

デニーズは“ひと皿に豊かな明日を”、ゴディバでは“記憶に残る幸せなひと時を届ける”というブランドミッションを掲げている。

セブン&アイ・フードシステムズの小松社長は、両社が掲げるミッションに重なるところがあり、同じ方向を向いて取り組めるのではと思ったという。「ゴディバのブランド力・認知度を借りて、デニーズのデザートの位置づけをワンランク上げたい」とコメント。また、今回パートナーシップを結んだことから、「これからも一緒に新たなチャレンジをしていきたい」と意気込みを語った。

ゴディバ ジャパンのマーケティング&イノベーション本部 佐々木シニアマネージャーは、今回のコラボには2つの大きな意義があると語る。

1つは「出来たてのデザートを提供できること」。通常のゴディバ店舗(一部)では、ソフトクリームやチョコレートドリンクなどはあるがデザートは取り扱っておらず、来店客から「ゴディバのデザートはないのか」と聞かれることもあるという。今回のデニーズとのコラボは、ゴディバの出来たてのデザートを提供する機会となる。

2つ目は「子どもも楽しめるということ」。ゴディバにもミルクチョコレートなどを使った子どもも食べやすい商品はあるが、ほとんどが大人向けの商品。今回のメニューはファミレスで提供するため、子どもも楽しめる味わいに開発したという。

ゴディバ ジャパン ヤニックショコラティエ、セブン&アイ・フードシステムズ小松社長

ゴディバ ジャパン ヤニックショコラティエ、セブン&アイ・フードシステムズ小松社長

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/11/2020-1106-1551-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp