のんさん「岩手新米」発表会に登場、宣伝本部長として「金色の風」「銀河のしずく」TV-CM出演


イベントに登場した「純情産地いわて宣伝本部長」のんさん

イベントに登場した「純情産地いわて宣伝本部長」のんさん

岩手県農林水産部県産米戦略室は11月4日、都内で「岩手県産米 新米発表会」を開催した。イベントには「純情産地いわて宣伝本部長」を務める女優・のんさんが登場し、「金色の風」「銀河のしずく」のTV-CMが上映された。

TV-CMの「金色の風 誕生物語」は、のんさん演じる「岩手純情新聞社」の新米記者・江刺のんが、「金色の風」の開発者や生産者を訪ね、開発背景や思いを取材していくもの。

TV-CM「金色の風 誕生物語」

TV-CM「金色の風 誕生物語」

10月から全国で放送されている「銀河のしずく」CMは、米の衣装を纏ったのんさんが「私はここにいるよ!」と叫ぶと箸でつまみあげられるが、その箸の持ち主もまたのんさんで、満面の笑みで最後の一粒をパクリとするというもの。

〈関連記事〉女優・のん“お米役”に挑戦、「いわて純情米」TV-CMで「私はここにいるよ!」/全農岩手県本部

のんさんはイベントに新米記者の衣装で登場し、トークセッションでは記者らしくノートとペンを持ち、達増拓也岩手県知事、全農岩手県五連・小野寺敬作会長らに直撃取材をした。「金色の風」の誕生秘話を聞いたのんさんは「日本一を目指すために最新と昔の技術が合わさって、カッコいいなと思いました」と述べた。

のんさんは「金色の風」「銀河のしずく」の好きな点について質問されると、「名前が爽やかでキラキラしていて、ワクワクするところです」とし、「『金色の風』は甘みが強くて、お米の香りが伝わってきます。『銀河のしずく』は炊きたての様子が銀河のようにきらめいていて、『美味しい!』と心が沸き立つところが好きです」と思いを語った。

また、岩手の米のおすすめの食べ方について「岩手はお肉や野菜も美味しいものが揃っているので、それらの食事に合わせていただければ」とした。

最後にのんさんはCOVID-19(新型コロナウィルス肺炎)禍で厳しい状況にある生産者に向け「皆さんが作っていただいたもので楽しく明るい日々を送れているので、まずは感謝の気持ちを伝えたいです。一緒に踏ん張って、頑張っていきましょう!」とエールを送った。

〈米麦日報2020年11月5日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/11/2020-1105-1630-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp