丸の内テラスにカジュアルダイニング「エスプリ・ド・タイユヴァン」オープン、ワインショップを併設/エノテカ


「ESPRIT de TAILLEVENT(エスプリ・ド・タイユヴァン)」内覧会

「ESPRIT de TAILLEVENT(エスプリ・ド・タイユヴァン)」内覧会

エノテカは11月5日、ワインショップを併設したカジュアルダイニング業態「ESPRIT de TAILLEVENT(エスプリ・ド・タイユヴァン)」を新商業施設「丸の内テラス」内に出店する。

同社は、歴史と格式を誇るフランス・パリの老舗レストラン「タイユヴァン」とパートナーシップを締結している。「エスプリ・ド・タイユヴァン」は、「タイユヴァン」のサービスやクオリティを気軽に楽しめる、世界初のカジュアルダイニング業態。

10月30日には内覧会を開催。エノテカ社長・黒木誠也氏が、「内装から料理まで、タイユヴァンがすべて監修した。タイユヴァンの精神(エスプリ)を、気軽に楽しんでいただきたい」と紹介し、詳細を説明した。

エノテカ・黒木社長

エノテカ・黒木社長

「タイユヴァン」は料理だけでなく、ワインセレクションでも高く評価されている。フランス全土の小さな造り手による希少なワインも数多く揃うほか、フランス最大規模の熟成庫から「飲み頃」を見極めて出荷されるワインもこだわりのひとつだ。併設のワインショップでも、タイユヴァンセレクトのフランスワイン約260種類に加え、エノテカセレクトのワインなど約460種類を揃えた。ショップで購入したワインは、ダイニングでも楽しむことができる(抜栓料1本1,000円)。

グラスワインも、常時30種類(90ml/800円〜)を提供。「料理にあわせたいワインはもちろん、さまざまな発見をお届けしたい」。ワインの個性を最大限に楽しめるよう、グラスにもこだわり、ザルト製で揃えた。

料理は、パリで「タイユヴァン」が展開するグラスワインと料理のペアリングがコンセプトの「レ・サンディス・ド・タイユヴァン」をベースに、日本の季節の食材を使ってアレンジしたブラッスリー料理を、アラカルトとコースメニューで提供する。

「飲み頃を楽しむワイン文化や、食とワインの調和がもたらす奥深さを通し、ワインの楽しさを伝えたい」(黒木氏)。

◆「ESPRIT de TAILLEVENT」
▽住所
千代田区丸の内1-3-4丸の内テラス1階

▽席数
カウンター10席・テーブル席3卓(6席)、テラス席4卓(8席)の計24席

▽営業時間
ワインショップ11時〜21時(日祝〜20時)、レストラン 11時〜15時、18時〜23時(日祝〜21時)、カフェタイム 15時〜18時

〈酒類飲料日報2020年11月4日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/11/2020-1104-1355-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp