KFC 2020年クリスマスは店内飲食を原則中止、店舗外ブースも休止で3密防止、“安全・安心”最優先のケンタッキークリスマス


ケンタッキーフライドチキン「パーティバーレル オリジナル」盛り付けイメージ

ケンタッキーフライドチキン「パーティバーレル オリジナル」盛り付けイメージ

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は、12月19日から25日までの2020年クリスマスキャンペーン期間について、コロナ禍の中の「3密」を避けるため、原則、例年は実施している店舗外でのブース等での販売を休止する。また、12月24日・25日の店内飲食を中止する。

「パーティバーレル」「クリスマスパック」などクリスマスメニューに関する告知の中で述べたもの。来店時のマスク着用や、予約商品の受け取りはできる限り少人数で行うこと、体調不良の場合は来店を控えることなどの呼び掛けも行っている。

クリスマス期の「ケンタッキーフライドチキン」店舗は例年、多くの客でにぎわうが、2020年については、「例年以上に商品提供に時間がかかる可能性や、入店制限を行う可能性がある」としている。商品を購入できない場合もあることから、日本KFCは事前予約への協力も呼び掛けている。感染症対策等の事情により予約受取日が店舗休業となった場合は、予約をキャンセルとし、後日予約情報を確認の上、前受金を返金する。

2020年7月4日には日本KFC創業50周年を迎え、今年のクリスマス商品「パーティバーレル」に付く絵皿は、裏面に感謝のメッセージを記載した限定デザイン。予約受付の開始は11月4日から。なお、11月18日から発売する「スヌーピーボウル」付きの“プレクリスマス”メニューも11月4日から予約受付を開始する。

〈関連記事〉KFCに「スヌーピーボウル」付きセット・パック登場、「スプーン&フォークセット」付きキッズメニューも/ケンタッキーフライドチキン

日本KFCは、1974年から始まった“クリスマスキャンペーン”について、「皆さまの特別なひとときにおいしさとしあわせをお届けしてきたKFCの象徴ともいえるキャンペーン」だとしており、「このような時勢の中でも、誰にも真似できないおいしい商品で、安全・安心でしあわせな“ケンタッキークリスマス”をお届けし続けます」と述べている。今後も、政府や各自治体の方針や行動計画に基づき、日々変化する状況に応じて必要な取り組みを実施していく方針だ。

「KFCのクリスマスにおける感染症対策」 イメージ

「KFCのクリスマスにおける感染症対策」 イメージ

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/11/2020-1104-0451-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp