KFC「チキンクリームポットパイ」再登場でお手頃価格・サイズにリニューアル/ケンタッキーフライドチキン


ケンタッキー「チキンクリームポットパイ」

ケンタッキー「チキンクリームポットパイ」

日本ケンタッキー・フライド・チキンは11月4日、「チキンクリームポットパイ」を一部を除く全国の「ケンタッキーフライドチキン」(KFC)店舗で発売する。数量限定で、なくなり次第終了。

「チキンクリームポットパイ」は、1996年の発売以来好評の、冬の定番メニュー。国内産チキン、たまねぎ、じゃがいも、にんじん、コーンが入った具だくさんのクリームシチューに、パイ生地をのせて店舗のオーブンで焼き上げている。クッキー風でサクサクとした食感のパイ生地をスプーンでくずして、アツアツのクリームシチューと一緒に食べるのがおすすめだという。

今回、より気軽に食べられるよう手頃なサイズにリニューアルし、昨年の単品590円(以下すべて税込)より価格を抑えた400円で提供する。

単品価格は税込400円(セット、ボックス、パックと一緒に買うと1個350円)。骨なしケンタッキー・ドリンク(M)との「チキンクリームポットパイセット」は750円(10時~16時のケンタランチ時間帯は650円)。チキンクリームポットパイ2個・骨なしケンタッキー2ピース・カーネルクリスピー2ピースを組み合わせた「チキンクリームポットパイパック」は1,480円。

また、「チキンクリームポットパイ」の発売と同日の11月4日から、「骨なしチキン1000円パック」と「骨なしチキン1500円パック」も同時発売する。11月17日までの期間限定。

〈同時発売〉KFC 1000円・1500円「骨なしチキンパック」発売、ナゲット・カーネルクリスピーと組み合わせ、ビスケット・ポテトの割引も/ケンタッキーフライドチキン

2020年はコロナ禍で多くの外食企業が苦戦する中、ケンタッキーフライドチキンの売上はテイクアウトやドライブスルー、デリバリー需要の高まりにより堅調に推移。9月までの既存店売上高は、前年同月の実績を割り込んだのは6月のみで、それも1.0%減と軽微。7月は27.3%増、8月は13.6%増、9月は4.8%増と、一時期の跳ね上がり方と比べれば動きは落ち着いてきたものの、堅実に実績を積み重ねている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/11/2020-1030-1628-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp