阪急阪神百貨店・イズミヤなどで納品・販売期限緩和、食品ロス削減へ H2Oグループ全店で


エイチ・ツー・オー リテイリング 納品・販売期限の変更イメージ

エイチ・ツー・オー リテイリング 納品・販売期限の変更イメージ

エイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)は10月28日、阪急阪神百貨店などグループ全店で、食品ロスの削減に向けて、加工食品を対象とした納品期限と販売期限を緩和すると発表した。

11月1日から、賞味期限が180日以上の商品に限り、納品期限を賞味期限の2分の1を経過する前とする「2分の1ルール」へ変更し、販売期限に関しても「6分の5ルール」(賞味期限6分の1=30日間残し)で運用する。

H2Oグループではこれまで、加工食品において賞味期限期間の10分の7以内(賞味期限10分の3=54日間残し)で商品を販売してきた。これを緩和することで、社会的な問題となってる食品ロスの削減を図る。

実施店舗は、阪急阪神百貨店15店、イズミヤ79店、阪急オアシス78店、カナート20店、アズナス100店、阪急キッチンエール関西のグループ全店。

対象商品は、飲料、菓子、カップ麺、レトルト食品、調味料、瓶詰缶詰類、スープ、コーヒー、紅茶など。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2020/10/2020-1030-1626-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp