缶チューハイ「檸檬堂」京都工場でも製造開始、300万ケース製造可能に/コカ・コーラ


缶チューハイ「檸檬堂」京都工場でも製造開始

缶チューハイ「檸檬堂」京都工場でも製造開始

コカ・コーラボトラーズジャパンは10月26日から、缶チューハイ「檸檬堂」の製造を京都工場(京都府久御山町)で開始した。今回の製造開始に伴う設備投資額は約7億円で、年間7,200万本(300万ケース・350ml×24本換算)の製造が可能となる(250ml×24本換算では420万ケース)。

缶チューハイ「檸檬堂」は、丸ごとすりおろしたレモンとお酒をあらかじめなじませた「前割りレモン製法」により、こだわりの店のおいしさを目指したレモンサワー。

2018年5月に九州限定で発売し、2019年10月28日には全国での発売を開始。2020年の上半期では423万ケース(250ml×24本換算では592万ケース)を出荷している。

〈関連記事〉“九州No.1”のレモンサワー「檸檬堂」全国発売、日本コカ・コーラ初のアルコール飲料

なお、コカ・コーラボトラーズジャパン京都工場では2020年9月に酒類の製造免許を取得。同社は、「京都工場で製造することで、今後の安定した製品の製造と供給を図る。また、拠点への輸送距離短縮を見込めることから、輸送最適化にも寄与するものと期待している」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/10/2020-1029-1533-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp