11月は「和ごはん月間」、和食の情報発信強化を官民協働プロジェクトで/農水省


サンプル

農林水産省は11月を「和ごはん月間」と位置づけ、「Let’s ! 和ごはんプロジェクト」のウェブサイトで各種イベント情報を発信する。「Let’s ! 和ごはんプロジェクト」は、子どもたちが身近・手軽に和ごはんを食べる機会を増やすため、企業などの新商品・サービスの開発や販売などを官民協働で促進するプロジェクト。2018年6月にスタートしており、3年目となる今年は、11月24日の「和食の日」を含む11月を「和ごはん月間」と定め、イベント出展や情報発信を強化する。

具体的には、11月30日までオンライン開催されている「ジャパンハーヴェスト2020」にプロジェクトの取組を掲載しているほか、プロジェクトメンバー4社(味の素(株)・(株)エブリー・(株)KADOKAWA・(株)ロフト)と連携し、パネル展示やSNSを活用した情報発信などを行う。

◆農林林水産省「Let’s ! 和ごはんプロジェクト」公式サイト

〈米麦日報2020年10月30日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/10/2020-1030-1035-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp