富士そば「筋肉もりもりそば」発売、筋トレのサポートに、“ぬるい”温度にこだわり


名代富士そば「筋肉もりもりそば」

名代富士そば「筋肉もりもりそば」

富士そば「 渋谷明治通り店」「池袋東口店」で先行販売

首都圏で129店舗を展開するそば屋「名代富士そば」は11月6日から、大手立ち食いそばチェーン初の筋トレサポートメニュー「筋肉もりもりそば」(税込680円)を、「富士そば 渋谷明治通り店」と「富士そば 池袋東口店」で先行販売する。

「筋肉もりもりそば」は、やげん軟骨、ほうれん草、大根おろし、すりゴマをトッピングした“ぬるい蕎麦”だ。監修は「ムキムキを育てる 筋肉メシ」著者のアスリートフードマイスター今野善久(いまのよしひさ)氏が行った。

今回の「筋肉もりもりそば」は、新型コロナウイルスによる影響で、成人の約6割が筋肉量や筋力の低下「筋肉ダウン」を実感している一方、「自宅」で行う筋トレや運動の頻度は増加したという森永製菓「筋トレ意識と実態調査」を受けて開発したもの。

以下、10月29日に開催された商品発表会の内容を元に、「筋肉もりもりそば」で使用している具材とその特徴、またなぜ“ぬるい”のかを紹介する。

具材には、タンパク質量が和牛サーロインステーキに匹敵するという「やげん軟骨」(和牛サーロインステーキ皮下脂肪なし生=12.9g/100g、やげん軟骨=12.5g/100g)、ミネラル・βカロテン・ビタミンCが含まれる「ほうれん草」、ビタミンCやカリウムが含まれる「大根おろし」、カルシウム・マグネシウム・セサミンが含まれる「すりごま」を採用。すりごまに関しては、栄養を少しでも損なわないようにとの配慮から、店内で擦ったものを提供する。

今野氏によると「(筋肉もりもりそばの)裏方の主役は、大根おろし」だという。ほうれん草は、湯がく過程で“ルチン”の働きを活性化させるビタミンCが半減してしまう。その分、大根おろしに含まれるビタミンCで補うわけだが、大根おろしの成分は熱に弱いという特性があるため、今回あえて“ぬるい”温度帯で提供することとなった。

富士そばの企画担当者は「(ぬるい温度での提供について)最初はもちろん反対しました。ですが食材の成分を損なわないようにとの配慮から、今回初めてぬるいそばを提供することとなりました」と笑いながら答えた。

まずは「富士そば 渋谷明治通り店」と「富士そば 池袋東口店」の2店舗で先行販売し、反応次第で2021年春・夏には全店販売する計画もあるという。

〈テレワーク浸透でサラリーマンの利用が減少、新ターゲットは「筋トレ好き」〉
昨今のコロナ禍で、立ち食いそば業界は厳しい状況にある。テレワーク導入企業が急増し、都心部におけるビジネスマンの利用は激減した。立ち食いそばは、時間がないビジネスマンのランチスポットであったことから、売り上げは大きく減少し、有名店や繁盛店を含めて閉店が増えているという。

「筋肉もりもりそば」を発売することで、従来のターゲットであるビジネスマンではなく、新たに「筋トレ好き」層の獲得を狙う考えだ。

「筋肉もりもりそば」栄養成分値

◆エネルギー 452kcal
◆タンパク質 28g
◆脂質 4.2g
◆糖質 66.7g
◆食物繊維 10.5g
◆食塩相当量 5.8g

「筋肉もりもりそば」販売店舗〉
◆名代富士そば 渋谷明治通り店
渋谷区渋谷1-14-15 森ビル1階(渋谷東口宮益坂交差点 明治通沿い)

◆名代富士そば 池袋東口店
豊島区東池袋 1-2-7 第3ナカムラビル(池袋東口サンシャイン中央通り 30m)

名代富士そば 渋谷明治通り店

名代富士そば 渋谷明治通り店

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/noodles/2020/10/2020-1029-1650-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp