「ベルギービールウィークエンド2020豊洲」愛好家の要望など受け開催、11タイプ43種類のビールが集合


「ベルギービールウィークエンド」豊洲で開催(画像はイメージ)

「ベルギービールウィークエンド」豊洲で開催(画像はイメージ)

ベルギービールウィークエンド実行委員会は10月16日から18日までと、10月23日から25日までの計6日間、「ベルギービールウィークエンド2020豊洲」(BBW2020 in 豊洲)を豊洲CITABRIA BAYPARK grill & bar(サイタブリア ベイパーク グリル バー、東京都江東区)で開催している。6日間で1万人の来場を見込む。

2020年は当初、5会場33日間の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響ですべて中止となった。愛好家からの開催を望む声に加え、インポーターもイベントのために用意した樽生ビールを提供する場が欲しいとの思いを受け、今年最初で最後の「ベルギービールウィークエンド」開催が決まったという。

出展は小西酒造、三井食品、ユーラシアトレーディング、エマージトレーディング、木屋、きんきの6社、ビールは11タイプ43種類と、小規模での開催となったが、開放的で広々とした会場は初日から、開催を待ちかねた愛好家でにぎわった。

イベント実行委員長の小西新太郎氏(小西酒造代表取締役社長)は「酒類飲料日報」の取材に対し、以下の通り語った。

「お客様にとっても、我々にとっても、待ちに待った開催を迎えることができ、感慨深い。ベルギービールウィークエンドが始まって10年の節目を迎え、イベントのありかたを見直そうと考えていたところ、必然的に改革することとなった。自宅でも楽しんでいただけるよう、オンライン企画“ベルギービールウィークエンド ホーム”を立ち上げ、情報発信を強化。ベルギービールウィークエンドの人気コンテンツである音楽の配信やオンラインショッピングなども盛り込んだ。とはいえ、お酒の魅力は、オンラインだけで伝えられるものではない。有力な接点となるのは、やはりこのようなイベントだ。開催にあたり、安心して来場いただけるよう、万全の対策を取った。ぜひ多くの方に遊びに来てほしい」。

◆「ベルギービールウィークエンド HOME」公式サイト

〈酒類飲料日報2020年10月20日〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/10/2020-1020-1329-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp