バーガーキング「ザ・フェイク・バーガー」発売、史上初“正体不明”のハンバーガー


バーガーキング「ザ・フェイク・バーガー」

バーガーキング「ザ・フェイク・バーガー」

バーガーキングは10月23日から11月5日までの14日間限定で“中身が一切謎の”「THE FAKE BURGER(ザ・フェイク・バーガー)」を発売する。数量限定でなくなり次第終了。

「ザ・フェイク・バーガー」は、中身が“正体不明”のハンバーガー。詳細は不明だが、運営するビーケージャパンホールディングスによると「一度食べるとそのおいしさにクセになること間違いありません」「偽りなきおいしさ」だという。

価格は、単品が税込290円、フレンチフライ(M)とドリンク(M)が付いたセットは税込590円。

バーガーキングは2020年2月にも、“中身が謎”という売り出し方で「プレミアムフライデーワッパー」を期間限定発売しているが、その商品内容は箱の裏に「プレミアムフライデーワッパー」無料券を付けた「ワッパー」で、発売前に公開されていた広告画像も、一部が隠されていたものの、ハンバーガー自体は通常商品である可能性を推察し得る内容だった。

〈関連記事〉バーガーキング、中身が謎の「プレミアムフライデーワッパー」発売、「Bleecker Chrome」が初タイアップでCM曲

「ザ・フェイク・バーガー」の広告イラストと「プレミアムフライデーワッパー」の広告イラスト

「ザ・フェイク・バーガー」広告と「プレミアムフライデーワッパー」広告

今回の「ザ・フェイク・バーガー」広告に使用されている商品画像は、具の部分がモザイク処理で完全に隠されている。バーガーキングも、「史上初となる正体不明のバーガー」「今はまだ味や中身の詳細をお伝えすることはできません」などとしており、まったく新しいワッパーであることも考えられる。未知のハンバーガーを味わえるのか、はたまた予想だにしない結果が待ち受けているのか、実際に確かめてみるのも面白いだろう。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/10/2020-1019-1339-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp