プリマハム 第2四半期・通期の利益予想を上方修正、コンシューマー品など好調/2021年3月期業績予想


サンプル

プリマハムは10月16日、2021年3月期連結業績予想について、第2四半期と通期の各利益について上方修正すると発表した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による外食向け販売不振で売上げは、5月11日の前回公表時から下方修正。その半面、量販店での香薫などのコンシューマー商品と家庭調理用食肉の販売が好調に推移したことから、営業利益・経常利益・当期純利益ともに上方修正となった。

具体的には、第2四半期の連結売上高は2,132億円(前回予想比2.6%減)、営業利益は111億円(44.2%増)、経常利益114億円(46.2%増)、当期純利益69億円(53.3%増)に修正された。

これを反映し、通期の連携売上高は4,358億円(1.3%減)、営業利益179億円(23.4%増)、経常利益182億円(24.7%増)、当期純利益113億円(27.0%増)と見込んでいる。

〈畜産日報2020年10月19日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/10/2020-1019-1104-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp