中国茶・台湾茶カフェ「茶語 TEA SALON新宿髙島屋店」14時以降限定メニュー、一番人気は「飲茶セット」/日本緑茶センター


「飲茶セット」

「飲茶セット」

日本緑茶センターは、直営の中国茶のカフェ「茶語(Cha Yū)TEA SALON新宿髙島屋店」において、14時以降限定のティータイムメニューを9月から提供している。

肉汁があふれる「飲茶セット」、モロッコの希少なオイルを使った「食べるアルガンオイルセット」、サクサクとした食感の「サンドイッチプレート」の3種。いずれも中国・台湾料理をフレンチテイストで表現するという茶語専属シェフならではのこだわりが詰まっている。「忙しくてランチをとるタイミングを外してしまった人や、ランチタイムを過ぎた時間にくつろげる店を探している人、夕方までに軽食とお茶を楽しみたい人などから好評だ。9月にスタートした新メニューで、客足の回復に貢献している」(日本緑茶センター)。

一番人気の「飲茶セット」は、ふわふわとした生地に豚の角煮を挟んだ台湾式バーガーの割包(グァバオ)、ゴマの香りと肉汁あふれる豚肉と、ぷりぷりとした食感の海老シュウマイ2種が楽しめる茶語オリジナル飲茶セット。紅油ソースのエビワンタンと茶葉を小さく丸めた「茉莉花茶 龍珠」入りの鶏スープ麺も味わうことができる。「本日のセレクトティー」付きで税込1870円。

「食べるアルガンオイルセット」には、モロッコの“食べる美容”と呼ばれているアルガンオイルを贅沢に使用している。空煎りして砕いたアーモンドとハチミツにアルガンオイルをあわせた濃厚なペーストの「アムルー」を豆花(トウファ)や割包(グァバオ)にかけたり、そのままサラダにかけたりして自由に食べられる。「本日のセレクトティー」付きで税込1760円。

また「サンドイッチプレート」は、トーストしたデニッシュパンのサクサク感とふんわりとした甘みが楽しめるサンドイッチのプレート。トマトとタルタルソースのエビサンド、キュウリとアボカドディップのチキンサンドには、アメリカ発の人気調味料「クレイジーソルト」を使用している。「本日のセレクトティー」付き、1650円。

「茶語 TEA SALON 新宿髙島屋店」概要

▽所在地
〒151-8580東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2新宿髙島屋6階

▽営業時間
10:00~20:00(L.O 19:30)

▽TEL
03-5361-1380

◆茶語ブランドサイト
https://chayu.net

「茶語 TEA SALON 新宿髙島屋店」外観

「茶語 TEA SALON 新宿髙島屋店」外観

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/10/2020-1007-1607-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp