かつや「豚すき煮肉うどんチキンカツ丼」発売、定食・テイクアウト弁当も


かつや「豚すき煮肉うどんチキンカツ丼」

かつや「豚すき煮肉うどんチキンカツ丼」

アークランドサービスホールディングス傘下の株式会社かつやが展開するとんかつ専門店「かつや」は10月2日、一部を除く国内店舗で、期間限定メニュー「豚すき煮肉うどんチキンカツ」を発売する。

「かつや」で人気の“合盛りシリーズ”新商品。「豚バラ肉」「チキンカツ」「うどん」を、かつや特製の丼タレで煮込んで白髪ねぎを添え、後がけ辣油でピリ辛に仕立てる。

ここまででも十分、“インパクトあるネーミング通りのボリュームたっぷりメニュー”とも見えるが、そこは“全力飯。”をキャッチコピーに展開する「かつや」のこと、店内飲食では「豚すき煮肉うどんチキンカツ」単品(税別490円)に加え、さらに、ごはんにのせた「豚すき煮肉うどんチキンカツ丼」(税別590円)と、ごはん・とん汁付きの「豚すき煮肉うどんチキンカツ定食」(税別690円)も選べる。また、テイクアウト(持ち帰り)では「豚すき煮肉うどんチキンカツ丼弁当」(税別590円)を提供する。

なお、アークランドサービスホールディングスの月次報告によると、かつやの既存店売上高(「かつや」以外の業態も含む直営の既存店が対象)は、2020年に入り、1月は前年対比104.3%、2月は106.3%で推移。新型コロナウイルス感染症の拡大が本格化して以降は、3月94.6%、4月89.6%、5月97.7%、6月96.4%と前年を下回った時期もあるものの、7月には106.9%、8月は速報値で103.2%と再び前年超え。コロナ禍で大打撃を受け、いまだ先行きが見えない飲食店も多い中、大いに健闘している状況だ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/10/2020-1002-0120-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp