〈目覚まし〉まるで蛍が飛び交うような~ 東京・丸の内「獺祭バー」オープン~


旭酒造「獺祭バー」

旭酒造「獺祭バー」

9月28日付で掲載した、東京・丸の内に開店する「獺祭バー」の話。オープン前に訪問する機会があった。

〈関連記事〉東京・丸の内に「獺祭バー」オープン、日本酒「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」など提供/旭酒造
https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/09/2020-0928-1058-14.html

〇・・・中は思った以上に暗いが、足元が照らされているため転ぶことはなさそう。外壁は鉄パイプが張り巡らせてあり、元々あった「現バー」(名称)の雰囲気が残っている。テーブルは酒瓶をひっくり返したような、おしゃれなデザインだ。

〇・・・訪れたのは9月29日でまだオープン前。「獺祭バー」の小田一輝さんは「誰も入っていないとわかりづらいが、青く優しく発光する“獺祭二割三分”のロックを持ったお客様が入ると“人が主役の空間”というコンセプトも納得できるものとなる」と話す。まるで旭酒造がある岩国のような、蛍が飛び交う雰囲気だ。

青く優しく発光する“獺祭二割三分”

青く優しく発光する「獺祭二割三分」

〇・・・当面は「獺祭二割三分」のロックを中心に提供するそうだが、話を聞いている限りでは特別なメニューの提供の可能性もあるらしい。

〇・・・そんな「獺祭バー」は10月1日から営業開始。「“獺祭”を介在して、多様な日本酒の楽しみ方を知ってもらえる場所としたい」と旭酒造の広報担当者は記者に語った。

〈酒類飲料日報2020年10月1日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/10/2020-1001-1559-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp