〈米需給俯瞰〉令和2年産水稲 9月15日現在、作況指数101「平年並み」


令和2/3年の主食用米等の需給見通し(単位=万t)

主食用生産量18~26万t過剰、需要量見込み甘く古米在庫のしかかる

農林水産省は9月30日、令和2年産水稲の9月15日現在作柄を全国平均作況指数101の「平年並み」と発表した。主食用米の供給量は7月指針を18~26万t上回る過剰ペースで、そのまま需給見通しに当てはめれば来年6月末在庫は221万tという空前の規模になる見込み。

この日の会見で農林水産省の政策統括官付農産企画課・佐藤一絵課長は、「需給調整のための政府米追加買入は考えていない」と明言。加えて、7月指針では需要量見込みを甘く見ているきらいがある上、令和元年産の在庫がまだまだ捌けきれていない。この段階で、「まだまだ続く過剰基調」が確定した恰好だ。

9月15日現在だと作付面積は青刈りなどを含んでいるが、主食用の作付見込面積は前年産を1.3万ha 下回る136.6万ha。作況指数「平年並み」といっても、実際の単収(10a当り収量、農家等フルイ目ベース)は前年を5kg下回る517kg。

現時点での主食用の予想収穫量は前年産を2.3万t下回る734.6万tとなったものの、基本指針の見込み(709~717万t)を18~26万t上回る「過剰」ペースとなった。基本指針での需要量見込みが甘いこともあるが、ここに令和元年産の在庫が重くのしかかる。令和元年産は、8月末現在で契約残(集荷数量から契約数量を差し引いた残)が4.8万t(前年同期2.7万t)もあり、要販売数量に至っては54.3万t(同42.7万t)もある。

現実に同じ8月末の在庫は、出荷段階で60万t(同47万t)、販売段階で24万t(同18万t)、計84万t(同66万t)。全中がすでに20万tの隔離(引取の先送り)を決めているものの、その程度で解消される規模ではない。

〈米麦日報2020年10月1日付〉

令和2年産主食用米9月15日現在作

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/10/2020-1001-1349-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp