コカ・コーラがユニクロとコラボ、「い・ろ・は・す」購入でエコフリース当たるキャンペーン実施


キャンペーン限定フリースを着た池田エライザさん

キャンペーン限定フリースを着た池田エライザさん

日本コカ・コーラは10月1日、「い ・ろ ・は ・す × UNIQLO eco ACTION 」キャンペーン記念ミニイベントを開催した。

同キャンペーンは2020年9月28日から開始。ジャンルを越えた企業で環境活動に取り組むことを目的とする企画の第1弾として、ユニクロとコラボを行う。コラボパッケージの「い・ろ・は・す」を購入すると、リサイクルポリエステル製の限定フリースジャケットが1万人に当たる。

日本コカ ・コーラでは環境への取り組みとして、3月から「い・ろ・は・す」小型PETを100%リサイクルボトルに変更するなど注力。マーケティング本部ウォーターグループの富重豪グループマネジャーは、「環境問題に関心を持っている人が増えている一方で、どう参加すればいいのかイメージしづらい面もある。コカ・コーラでは2030年までに100%サスティナブル素材を目標とし、選ぶだけでエコになる社会の実現の輪を広げる」と述べた。

ユニクロのグローバルMD部メンズ部長・小森田真也氏は、「店頭での広報や、商品を手に取るだけでエコを感じられるデザインに仕上げるなどで、エコアクションへの取り組みを広めていきたい」とした。ユニクロでは、リサイクルポリエステル繊維を使用した服の販売や、10月2日からは「い・ろ・は・す」店頭サンプリングイベントで活動をアピールする。

発表会の後半では、女優の池田エライザさんがキャンペーンのフリースを着て登壇。「柔らかくて毎日でも着られる。メンズサイズですが、女性が着てもオーバーサイズめで可愛らしく着られるのもポイント」とコメントした。実際にキャンペーンに応募もし、スマホでQRコードを読み取る様子や、フリースのサイズの選びやすさ等、応募の簡単さをアピールした。

コカ・コーラシステムと「ユニクロ」は、ペットボトルを資源ととらえ、ペットボトルの回収及び資源の有効活用という共通の理念のもと、生活者が簡単に参加できるエコアクションを推進していく考えだ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/10/2020-1001-1431-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp