伊藤ハム歳暮ギフトは「ネット誘導訴求と自家需要ギフトの強化」など注力、「伝承」ブランド「二種の生ハムと生ベーコンの詰め合わせ」発売


伊藤ハム「二種の生ハムと生ベーコンの詰め合わせ」

伊藤ハム「二種の生ハムと生ベーコンの詰め合わせ」

伊藤ハムは9月29日、西宮市内の本社で歳暮ギフト説明会を開催した。会見には米田雅行常務取締役加工食品事業本部事業本部長、春名公喜執行役員加工食品事業本部事業戦略統括部部長兼マーケティング部部長、佐藤敏文伊藤ハムフードソリューションギフト改革担当らが出席した。

今歳暮商戦でも新型コロナの影響が懸念されることから、「ネット誘導訴求の強化」「自家需要ギフトの強化」「保存・健康ギフトの強化」をキーワードにギフトセットの展開を進める。また、「伝統」と「変化への対応」を柱に「贈答を通じた交流」を応援しており、ギフトを通した大切な人との交流、家庭内での食の充実を提案。伝統の技を駆使して、おいしさや素材にこだわったネット限定ギフトやポスト投函型ギフトなど新しい生活様式対応したギフトも展開している。

トップブランド「伝承」では、人気の高い「生ハム」2種に新商品「冷式燻製生ベーコン」を組み込んだ「二種の生ハムと生ベーコンの詰め合わせ」を発売。ネット限定ギフトとして厳選した国産豚肉のみを原料に使用したハンバーグ三種の詰め合わせなども展開する。「伝承献呈」では、従来JAS上級規格品だった商品を全てJAS特級に格上げして展開する。

人気料理人の笠原将弘氏が監修した調理加工品ギフト「賛否両論」では、シリーズの発売5周年を記念して、既存セットの価格はそのままに「牛しぐれ煮」を加えた「歳暮期間限定特別セット」を発売。自家需要に特化して、ギフト箱に入れずに届ける「お試し・お取り寄せセット」をネット限定品として発売している。

ソムリエの田崎真也氏がお薦めする洋食ギフト「田崎真也セレクション」では、新メニューとして専門店仕様の低温熟成生地を使ったピザを組み込んだセットを発売。ギフトとしてだけではなく、クリスマスなどのホームパーティでも利用することができる。

販促では、引続き二代目松本白鸚氏をイメージキャラクターに起用。同社の「伝統」「歴史」「ハムづくりの想い」を、トップブランド「伝承」を通じて伝えていく。

今歳暮はネットを利用する購入者の取り込みが最大のポイント

米田常務米田常務は会見で、「中元での畜肉加工ギフト市場全体は、前年比90%ぐらいの着地だった。当社の中元ギフトはセット数が前年比93%。(チャネル別では)百貨店が90%、SMチャネルが96%。ギフト開始時期に百貨店が営業時間を短縮したことなどを考えると、想定よりは良かったのではないか」と中元ギフト商戦を振り返った。また、中元商戦の傾向として、「インターネットからの購入者が大きく伸びたが、実店舗での購入者はそれ以上に減っている。新型コロナの影響で健康志向商品が伸び、内食疲れから自家需要が拡大して調理食品ギフトが大きく伸びた。ハム・ソーギフト全体は長期的に苦戦しているが、コロナ禍でもその状況は同じ。もっと価値を伝えられる工夫をする余地があるのではと感じている」と分析した。

ただ、「コロナ禍で、人に対する感謝の気持ちとして贈答品を贈ることが見直されたように感じる。数字では出ていないが通年でみた贈答品市場は下がっていないように思う。それらを考えると、まだまだ中元・歳暮商戦でも需要の掘り起こしができるのではないか」と話す。

今歳暮に向けては、「ネットを利用する購入者の取り込みが最大のポイントとなる。ネット限定ギフトの展開やネットへの誘導を他社と協力して進めていく。健康志向ギフト、調理品ギフトのラインアップを強化して、ハム・ソーギフトでは価値をアップさせながら取り組んでいく」と方向性を語った。

〈畜産日報2020年9月30日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/09/2020-0930-1218-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp