ドイツからの豚肉など輸入を一時停止、アフリカ豚熱(ASF)発生を受け/農水省


サンプル

農水省は9月11日、ドイツからの生きた豚、豚肉などの一時輸入停止措置を講じた。ドイツ・ブランデンブルク州の野生イノシシにおいて、アフリカ豚熱(ASF)の発生が確認されたとドイツ政府が発表したため、実施することを決定したもの。

〈関連記事〉ドイツで初のアフリカ豚熱(ASF)検出、ポーランド国境付近の野生イノシシで
https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/09/2020-0914-1627-14.html

ASFの日本への侵入防止に万全を期するため、9月11日からの輸入を一時停止したが、9月10日以前に現地を出発している貨物については、どこまで遡って輸入停止とするかは審議している。そのため、港湾では一時保留となる。いずれの国でASFなどが発生した場合も、どこまで遡って輸入停止とするかは、ウイルスの侵入経緯などを踏まえ、審議することになる。

なお貿易統計によれば、ドイツからの豚肉等の輸入量は、2019年は4万420t、2018年は3万4,357t、2017年は2万9,643tとなっている。

〈畜産日報2020年9月14日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/09/2020-0914-1621-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp