コメダ珈琲店 ビターな味わいの「大人ノワール」発売、話題の「コメ牛」は“相変わらず写真詐欺”の超ボリューム


コメダ珈琲店「大人ノワール」

コメダ珈琲店「大人ノワール」

コメダ珈琲店は9月1日、季節のシロノワール「大人ノワール」を、一部を除く全国の店舗で発売した。10月中旬頃までの期間限定販売。

「シロノワール」はコメダ珈琲店の看板メニューで、あつあつのデニッシュパンの上に冷たいソフトクリームをのせ、甘いシロップをかけて食べるスイーツ。今回の「大人ノワール」は、2018年の秋に初登場した季節のシロノワールで、2019年の同時期に続き、2020年も登場する、甘すぎず少しビターな味わいに仕上げた“大人の味”のシロノワール。深く焙煎したエスプレッソ風味のコーヒーシロップをデニッシュパンの間に染み込ませ、さらにソフトクリームの上にもかけ、仕上げにココア味のフィアンティーヌ(クレープ生地を薄くのばして焼き、細かく砕いたもの)をトッピングしている。

コメダは「大人ノワール」について、「コーヒーのコク・ほのかな苦みとソフトクリームのさっぱりとした甘さが相性抜群」だとして、コーヒー「コメダブレンド」とのペアリングで、コーヒーの味わいをより深く楽しむことを提案している。サイズはファミリーや友達とシェアできる通常サイズと、食後のデザートや1人で食べるのに向くミニサイズの2種類。価格は店舗により異なり、通常サイズは750円/770円(以下税込)、ミニサイズは550円/570円。

肉量330g、ハンバーガー「コメ牛 肉だくだく」が発売前に話題化

なお、牛カルビ肉と食感の良い千切りキャベツを自社製バンズでサンドしたハンバーガー「コメ牛(こめぎゅう)」も同時発売。肉の量が異なる3種類があり、「コメ牛 並」は肉110gで680円/710円。肉を2倍の220g使用した「コメ牛 肉だく」は980円/1010円。肉量3倍330gの「コメ牛 肉だくだく」は1280円/1310円。

コメダ珈琲店「コメ牛」

コメダ珈琲店「コメ牛」

〈関連記事〉コメダ珈琲店「コメ牛」発売、牛カルビ肉2倍「肉だく」、3倍「肉だくだく」も
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/08/2020-0825-1629-14.html

「シロノワール」や「かき氷」などコメダ珈琲店のフードは、ボリュームの大きさがインターネット上でしばしば話題化している。実際に注文して登場する商品が見本写真を超えるインパクトのあるサイズだということを指し、“逆写真詐欺”などと言われることも多い。加えて今回の「コメ牛」は、商品設計自体がボリュームを訴求する内容ということもあり、商品発表後まもなく、SNSなどで期待の声が多数あがった。

発売日である9月1日の朝、Twitterではさっそく実食した人たちから、「サイズ感おかしい」「思ってた以上に肉の量がスゴい」「相変わらず写真詐欺でお腹いっぱい」など、“逆詐欺”を喜ぶ声が続々と投稿されている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/09/2020-0901-1014-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp