日本初“糖質ゼロ”のビール、キリン「一番搾り 糖質ゼロ」発売へ、潜在的な健康志向獲得へ


キリンビール「一番搾り 糖質ゼロ」

キリンビール「一番搾り 糖質ゼロ」

ブランドの第2の柱に育成、来年はブランド販売量の3分の1目指す

キリンビールは、「一番搾り」ブランドから「一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売する。国内で初めて、ビールカテゴリーで糖質ゼロを実現した。350ml缶・500ml缶、アルコール4%。2020年販売目標は約120万ケースで、ブランド計では新商品を含めて前年比約1割増の1,670万ケース、10~12月は約4割増を見込む。

布施孝之社長は「先行商談では反応が良く“こういうのを待っていた”とのお声も頂き、初動は計画を上回る手応えだ。コロナ状況下だが、こんなときこそ、自宅でキリンブランドを楽しんで頂きたい。改めて社会的使命を再認識している。その中心が一番搾りであり、今回の糖質ゼロだ。来年以降も投資を継続して、ブランドの第2の柱にしていく。来年はブランド販売量の3分の1を獲得したい」と語った。

ターゲットは、機能系ユーザーに留まることなく、ビールユーザー全般。「潜在的に糖質カットのニーズは高い」とみる。「味には自信があるので、いかに手にとって体験してもらうかが勝負」として、TVCMやデジタルから店頭までのコミュニケーションを徹底化する。小売店は新ジャンルの販売が増えているが、懸念である単価アップへの課題解決にもつなげる。また、過去に糖質オフの「ラガーブルーラベル」もあったが、コロナ下での現段階の糖質オフ・ゼロのニーズは新たな段階にあるとの認識を示した。業務用は現時点では未定。

8月27日に新商品発表会を開催し、布施社長、山形光晴常務執行役員マーケティング部長、キリンホールディングス未来飲料研究所・廣政あい子氏が登壇した。

布施孝之社長と山形光晴常務執行役員マーケティング部長/キリンビール新商品発表会

布施孝之社長と山形光晴常務執行役員マーケティング部長/キリンビール新商品発表会

布施社長はまず、この3年間を振り返って「キリンビールが描く未来は“おいしさ”で“よろこび”を広げ、ビール類市場を魅力的なものにすること。その中軸ブランドがフラッグシップの“一番搾り”だ。17年から変革して、“絞りの効いたマーケティング”を実践してきた。
▽それまで分散投資してきたブランドの絞り込み
▽お客様基軸での判断
▽ブランド育成の強化
――の3点だ。その結果、一番搾りは、2017年から缶容器が3年連続で前年を超え、1~7月はコロナ禍でも、ビール缶市場を96%とみるなか、98%と上回っている。社内で私と山形を中心に、3年間、繰り返し浸透し続けてきた成果が出ており、社員が“これが正しい戦略なんだ”と確信している」と述べた。

今後予想される環境変化を「コロナが起こす変化に、酒税改正が起こす変化が加わる。特に注目される点が前者が健康志向、後者がビールの再成長ということだ。これらを逆にチャンスとして捉えていく」とした。

「新・糖質カット製法」を開発

山形部長は開発の背景として「一番搾りのマーケティングは、“おいしさを直感的に伝えるコミュニケーション”“おいしさを軸にトライアルを促す店頭”を徹底している。ビールに対するお客様の期待はまず“おいしさ”だが、ビール飲用量が減る理由は、健康に関する項目が多くを占める。外出自粛中に体重が増えることの不安は51%が“増えた”と回答している。ビール類市場で糖質オフ・ゼロの市場構成比はゼロが64%、オフが36%となっており、ビールで糖質ゼロはポテンシャルがある。健康を意識するビール類購入者(約3,500万人)と、糖質オフ・ゼロ系ビール類購入者(約1,400万人)との差は約2,100万人ある」と述べた。

廣政氏は商品設計について「ビールは麦芽使用比率が高く、糖質ゼロにすることは難しい。糖質はおいしさとアルコールをつくり出す重要要素でもある。開発期間は5年にわたり、試験醸造は普通は数十回のところ、350回以上に及んだ。“おいしいビールで糖質ゼロ”を実現した、キリン独自の2つの製法は、ひとつは新・糖質カット製法、次に一番搾り製法だ。新・糖質カット製法とは、
▽糖質低減に適した麦芽を選定
▽仕込み工程で、麦芽由来のでんぷんを効率よく最大限分解
▽通常ビールに比べ、元気な酵母を使用し糖質(でんぷん)を食べきる
―――という製法だ。一番搾り製法は、すでに明らかだが麦汁ろ過工程で、最初に流れ出る一番搾り麦汁を使う製法で、雑味のない澄んだ旨味を引き出す」と紹介した。

〈酒類飲料日報2020年8月28日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/08/2020-0828-1624-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp