ローソンおでん発売、ウィズコロナでついたて設置し価格を統一、セット販売も


ローソン ウィズコロナで「おでんシールド」設置(画像はイメージ)

ローソン ウィズコロナで「おでんシールド」設置(画像はイメージ)

ローソンは8月25日から順次、全国のローソン店舗(1万3,656店7月末現在)で、ウィズコロナの新たな形でのおでん販売を開始した。

レジカウンター横で展開するおでん鍋の前方に、飛沫防止用アクリル板ついたて「おでんシールド」を設置する。また、今年度から価格を税込90円に統一(一部エリア商品除く)し、セット商品の販売も開始する。これにより接客時間の短縮や、会話を減らすことができ、飛沫防止につながるとしている。

アクリル板ついたて「おでんシールド」(イメージ)

アクリル板ついたて「おでんシールド」(イメージ)

「おでんシールド」は来店客側に設置し、高さは77cmで、一般成人男性の飛沫を防ぐ高さを想定している。さらにおでん鍋の蓋は常時閉め、販売時のみ開放することで、安全・安心な売場環境を整える。

手軽に注文できるセット商品(税込398円)は、大根、たまご、絹厚揚げなど人気の定番具材5品をセットにした「定番セット」と、牛すじ、あらびきウインナー、つゆしみがんもなど、お酒に合う具材5品を集めた「おつまみセット」を用意する。販売エリアによってセット内容は異なるとしている。

また、自宅で過ごす時間が増え、調理ニーズや自宅のみ需要が高まっていることから、9月1日から順次、本格的なおでんを楽しめる具材セットの販売も実施する。つゆしみ大根6個、絹厚揚げ4個など計25個のセットは、自宅で煮込むだけで簡単に本格的なおでんが食べられる。すでに発売中の「おでん550g」(同208円)は、2種類のかつお出汁で抽出したつゆに、大根、ちくわ、さつま揚げなど7種の具材を入れて煮込んだレトルトタイプだ。

また、2020年はフードロス削減の観点から、全国統一のつゆに変更するとしている。

〈大豆油糧日報2020年8月26日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/08/2020-0826-1015-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp