ファミリーマートの使用済み食用油をバイオ燃料として活用へ、「ユーグレナバイオディーゼル燃料」


ファミリーマート×ユーグレナ「ユーグレナバイオディーゼル燃料」循環型の取り組み

ファミリーマート×ユーグレナ「ユーグレナバイオディーゼル燃料」循環型の取り組み

ファミリーマートとユーグレナは、ファミリーマート一部店舗の使用済み食用油(廃食油)を原料の一部として活用した「ユーグレナバイオディーゼル燃料」を、ファミリーマートの横浜市内の配送車両(1台)に使用する循環型の取り組みを共同で実施することを明らかにした。走行開始は8月下旬から。ファミリーマートからの廃油の回収量は月約300Lを計画している。

近年、バイオ燃料は、既存の化石燃料と比べると理論上CO2排出量が少ない再生可能な液体燃料として、欧米を中心に世界で普及が進んでいる。ファミリーマートとユーグレナ社は、20年、30年先の未来を見据えて、「ユーグレナバイオディーゼル燃料」の利用・普及拡大に向けた取り組みを共同で開始することを決定している。

〈大豆油糧日報2020年8月6日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/08/2020-0806-1454-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp