吉野家 牛肉1.5倍「肉だく牛カレー」発売、テイクアウト専用「W弁当」牛カルビ・ねぎ塩豚・から揚げも


吉野家「肉だく牛カレー」

「肉だく牛カレー」

吉野家は8月6日、新商品「肉だく牛カレー」(598円、以下税別)と、テイクアウト専用商品「W(ダブル)弁当(牛カルビ/ねぎ塩豚/から揚げ)」(各598円)を全国の店舗(一部除く)で発売した。

「肉だく牛カレー」は、ご飯の上に従来の牛カレーの“1.5倍”牛肉をのせ、吉野家の秘伝のたれで煮込んだ牛肉に最も合う味わいへと刷新した、新しいカレールウをかけた商品。テイクアウトもできる。

大幅に刷新した新しいカレールウは、吉野家の牛丼の具に最も合うように開発した、和風だしが香る爽やかなサラサラカレーだという。

ローストした玉ねぎのうまみが溶け込んでいるカレールウには、14種類のスパイスにクミンやカルダモン、クローブを追いスパイスし、醤油とかつおだしを効かせた。吉野家の牛肉との相性を高めるために、牛の旨味と白ワインも使用している。

「W弁当」は、2020年1月から販売している「W定食」を手頃な価格で持ち帰りできる商品で、牛丼の具を盛った「牛皿」と、「牛カルビ」「ねぎ塩豚」「から揚げ」のいずれかを組み合わせて選べる3種類のテイクアウト専用弁当。“吉野家の牛肉を食べたいけど、他の商品も試してみたい”という要望から生まれたという。

「W(ダブル)弁当」

「W(ダブル)弁当」

「W弁当」の販売時間帯は11時~翌朝4時。ご飯大盛無料で、生姜や七味の袋を持ち帰ることも可能。

なお、「から揚げ」のW弁当は一部店舗での販売となり、販売時間帯は11時~23時となる。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/08/2020-0806-1015-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp