「麦フェス2020」オンライン開催、商品注文で大塚食品「ジャワティストレート」プレゼント


大塚食品「シンビーノ ジャワティストレート」〈レッド〉と〈ホワイト〉

大塚食品「シンビーノ ジャワティストレート」〈レッド〉と〈ホワイト〉

大塚食品が販売する食を楽しむテーブルドリンク「シンビーノ ジャワティストレート」は、 NPO法人新麦コレクション(本部:さいたま市浦和区)が主催する国内唯一の新麦に特化したフードフェス「麦フェス2020」に協賛する。

今回は初のオンライン開催となり、九州産の新麦が解禁となる8月10日に合わせ、「麦フェス2020」のオンラインサイトをオープン。初回は新麦を使うこだわりのある九州のお店約13店舗から始まり、新麦の解禁に合わせて「山陰・東海」、「関東・東北」、「北海道」の合計約40店舗が全国の人々に“新麦フード”を紹介する。

「麦フェス」とは、小麦と深くかかわるベーカリーやラーメン店などの料理人、小麦農家、製粉会社、流通業者たちが、その年に収穫・製粉されたばかりの“新麦”を使用し、食にこだわる参加者とともに新麦を味わい・楽しむ収穫祭。2017年以降4回目となる今年はオンライン開催のため、素材にこだわる店のオリジナル商品を手軽に注文できる。

また、今回初めての取り組みとして、食を楽しむテーブルドリンク「シンビーノ ジャワティストレート」が協賛し、新麦を使ったオリジナル商品と合わせて楽しめるように、商品を注文した人にもれなく「シンビーノ ジャワティストレート」の270mlPET製品をプレゼントする。

「シンビーノ ジャワティストレート」は、クセのないすっきりとした味わいと穏やかな香りが特長のインドネシア・ジャワ島産の良質な茶葉を使用した飲料。発売以来、「料理の味を引き立て、食卓を華やかに彩るテーブルドリンク」として評価されている。「ジャワティストレート」のアイテムは、〈レッド〉と〈ホワイト〉の2品。

麦フェス2020

麦フェス2020

 

麦フェス2020」開催概要

▽名称
麦フェス2020

▽期間
2020年8月10日〜11月30日(売り切れ次第終了)

▽主催
NPO法人新麦コレクション

▽協賛
シンビーノ ジャワティストレート(大塚食品株式会社)

▽参加店
【パン】365日(東京)、カタネベーカリー(東京)、パーラー江古田(東京)、BEAVER BREAD(東京)、CICOUTE BAKERY(東京)、ブラフベーカリー(神奈川)、Zopf(千葉)、SHOPAIN ARTISAN BAKEHOUS(栃木)、パンストック(福岡)
【ラーメン】らぁ麺飯田商店(神奈川)
【ピザ】ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ(東京)など

◆「麦フェス2020」特設サイト
https://mugifes.jp

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/08/2020-0804-1707-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp