エスビー食品×英国風パブ「HUB」初コラボ、フレッシュハーブ使用「フレッシュタイムCooler」「シトラスVirginモヒート」


エスビー食品×英国風パブ「HUB」イベント「ハーブの日 モクテルで乾杯!」

エスビー食品×英国風パブ「HUB」イベント「ハーブの日 モクテルで乾杯!」

エスビー食品は8月2日、英国風パブ「HUB」を運営するハブと共に消費者向けイベント「ハーブの日 モクテルで乾杯!」をZoomで開催した。

同社ではフレッシュハーブの取り扱い開始30周年となった2017年に、8月2日を「ハーブの日」と制定。4年目を迎え、「ハーブをより身近なものに感じてもらいたい」との思いから、同じ8月2日を「ハブの日」としているハブとのコラボレーションに至った。

同社のフレッシュハーブを使ったモクテル(ノンアルコールカクテル)として「フレッシュタイムCooler」「シトラスVirginモヒート」の2品を共同開発。3日から10日まで、英国風パブ「HUB」5店舗で、ランチタイムに販売する。価格は各420円。16時以降もオーダーは可能(各600円)。

イベントでは、エスビー食品スパイス&ハーブマスター磯部友美氏とハブ商品企画部部長 石河幹武氏が登壇。石河氏は、レシピ開発のポイントとして「夏場にリフレッシュできる」「ごくごく飲める」「ハーブが香る」の3点を挙げた。また、「モクテルは、見た目も重要。フレッシュハーブを使うことで、本格的な風味に仕上がる」と話し、Zoom参加者と共にカクテルを制作した。

エスビー食品スパイス&ハーブマスター磯部友美氏とハブ商品企画部部長 石河幹武氏

エスビー食品スパイス&ハーブマスター・磯部友美氏とハブ商品企画部部長・河幹武氏

HUBでは現在、2種類のモクテルをメニューに載せている。「夜の営業が厳しい状況下、昼の営業でも楽しんでいただけるモクテルのポテンシャルは高い。今後も力を入れていく」(石河氏)。エスビー食品も同社HPに「フレッシュハーブで楽しむモクテル&夏のドリンク」特集設置。「ノンアルコールでもオシャレにおいしく楽しめるドリンクを」と啓蒙する。

◆エスビー食品「フレッシュハーブで楽しむモクテル&夏のドリンク」特集
https://www.sbfoods.co.jp/recipe/feature/detail/086.html

〈酒類飲料日報2020年8月4日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/08/2020-0804-1607-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp