「ウェンディーズバーガーUSAセット」通常960円を500円に割引、“ウェンディーズ・ファーストキッチン”コラボ5周年で


「ウェンディーズバーガーUSAセット」が500円に

「ウェンディーズバーガーUSAセット」が500円に

ファーストキッチン株式会社は、ウェンディーズとのコラボレーション店舗「ウェンディーズ・ファーストキッチン」の5周年を記念し、8月3日~8月10日の期間中、看板商品「ウェンディーズバーガーUSAセット」(通常価格:税込960円)を税込500円の割引価格で販売する。

「ウェンディーズ・ファーストキッチン」は、アメリカ発のハンバーガーチェーン「Wendy’s」と、日本生まれのハンバーガー&パスタチェーン「First Kitchen」とのコラボレーション店舗。2015年にコラボ店舗1号店として「ウェンディーズ・ファーストキッチン 六本木店」をオープンして以来、拡大出店しており、関東や関西を中心に現在54店舗を展開(2020年7月現在)。

2020年度に5周年を迎えたことを記念し、特別価格で販売する「ウェンディーズバーガーUSAセット」は、ウェンディーズバーガーUSAとフレーバーポテトMにドリンクがついたセット。「ウェンディーズバーガーUSA」は、アメリカで「Dave’s Single」という名称で販売している商品を再現したもの。創設者のデイブ・トーマス(Dave Thomas)の名前を冠した看板商品。本場アメリカの味を目指し、ビーフ100%のパティにもっちりとほどよいひきのある特製バンズ、新鮮な野菜を組み合わせて誕生した。

ウェンディーズのハンバーガーは、四角いカタチのビーフパティが特徴。これは創業者・デイブの言葉「don’t cut corners(角をカットしない=手抜きをしないという意味)」にちなんだもの。混ざりものがない100%ビーフならではの旨みと、食べごたえ満点のボリューム感が自慢だという。このパティを使ったウェンディーズのハンバーガーは、1つ1つ店内でオーダーを受けてから丁寧に作られている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/08/2020-0731-1644-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp