“焼肉平城苑のあの味をもう一度”「和牛 生食感 レバー」「特大骨付きカルビ」「赤冷麺」など復刻、50周年感謝還元キャンペーン第2弾


東京焼肉平城苑“50周年感謝還元キャンペーン第2弾”開催

東京焼肉平城苑“50周年感謝還元キャンペーン第2弾”開催

株式会社平城苑が展開する「東京焼肉平城苑」は7月23日から、“50周年感謝還元キャンペーン第2弾”として、復刻メニュー5品の提供を開始する。8月31日までの期間限定。

「東京焼肉平城苑」は、和牛を一頭買いしてじっくりと熟成させてから提供する焼肉店。1970年に創業し、2020年で50周年を迎える。今回、50周年感謝還元キャンペーン第2弾として、過去に販売したメニューの中から、人気の5品を復刻メニューとして期間限定で販売する。

「和牛 生食感 レバー」(1380円、以下税別)は、和牛レバーを専門の工場で低温調理し、生に近い食感と風味を残した商品。加工前と加工後に菌検査を実施し、高い安全基準をクリアしたものを提供する。

「特大骨付きカルビ」(2280円)は、長らく輸入が禁止されていた骨付き肉が解禁されたことに伴い、20年前の平城苑人気メニューが今回復活するもの。

「初代ごまムンチュサラダ」(700円)は、練りごまのクリーミーな味が人気だった、初代のごまムンチュサラダを再現したもの。

「海老チリケジャン風」(1280円)は、かつてのつまみメニューで人気ナンバーワンだった商品。ぷりぷりのエビをピリ辛の特製ソースで炒めた本格的な味わい。従業員投票では第1位のメニューだという。

「赤冷麺」(1000円)は、コクのあるスープとすっきりした辛さが夏のしめに最適な商品。根強い人気を誇り、今でもファンが多いという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/07/2020-0722-1750-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp